本文へ進みます

ブラジル

安全運転の普及などの取り組みをご紹介します。

ブラジルにおける事例

ブラジルは二輪車の交通死亡事故が社会問題化していて、ユーザーの安全意識高揚が求められていることから、YMDBでは販売店での安全教育を充実させるために、販売店へのYRAインストラクターの設置を推進しています。

2020年はMOTO BOYと呼ばれるデリバリーライダー向けの安全教育として、「Educational Pit Stop Campaign」に力を注ぎました。定期点検時の待ち時間を活用し、安全に走行するための基礎知識を販売店のインストラクターが教育し、2,893回の開催で3,358人のライダーに受講していただきました。

ブラジル事例 画像
ブラジル事例 画像
ブラジル事例 画像
ページ
先頭へ