本文へ進みます

事業領域:ウォータービークル

ヤマハ発動機のマリン:ウォータービークルをご紹介します。

製品プロフィール

ウォータービークルは、水上オートバイ、もしくはパーソナルウォータークラフト(PWC)とも呼ばれていて、立った状態で操縦するタイプ(定員1名)とシートに跨って操縦するタイプ(定員3名)があります。小型エンジンを動力として、プロペラではなく、船底から吸い込んだ水を船尾から噴出することで推進します。同じ推進システムを採用したスポーツボートも北米などで人気があります。

事業の歩み

1986年に最初の製品「MJ-500T」を発売し、「誰もが安全に、そして手軽に、水辺で楽しめる乗り物」という製品コンセプトは、クルージングや釣りなどが主流であったマリンレジャーの楽しみをひろげる新たなカテゴリーとして市場に受け入れられ、北米を中心に多くのファンを魅了しています。

当社や市場の現況

舟艇で培った技術による凌波性・安定性に優れた船体と、二輪車やマリンエンジンの技術が反映された小型・軽量・高出力エンジンが当社製品の特長です。主な市場である米国や日本での環境規制、米国のEPA(米国環境保護庁)規制や日本マリン事業協会の自主規制をクリアした4ストロークエンジン搭載モデルが主流です。

主な生産拠点

名称 所在地
エンジン ヤマハ発動機(株)磐田南工場 静岡県磐田市
船体 Yamaha Motor Manufacturing Corporation of America(YMMC)
※グループ会社
米国ジョージア州
Yamaha Jet Boat Manufacturing U.S.A., Inc.(YJBM)
※グループ会社
米国テネシー州
2019年 水上オートバイの世界の総需要(当社調べ)
グラフ
2019年 水上オートバイの当社出荷台数
グラフ
水上オートバイの当社出荷台数の推移
グラフ
当社ウォータービークル事業の売上高の推移
グラフ

企業情報

ページ
先頭へ