本文へ進みます

事業領域:ボート

ヤマハ発動機のマリン:ボートをご紹介します。

製品プロフィール

ボートには業務用とレジャー用の2つの用途があります。業務用には主に漁業従事者の生活を支える「和船」と「漁船」があり、レジャー用には、フィッシング、クルージング、ウェイクボードなどで使用される「ボート」や「ヨット」があります。

事業の歩み

1950年代後半から、日本楽器製造(現在のヤマハ株式会社)と共同で、新素材として注目されていたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)の研究開発に取り組み、1960年にFRP製ボートの生産・販売を開始。1965年にはヨットおよび漁船の生産も開始しています。
また、シミュレーションや3D・CADシステム等による開発設計、環境負荷の軽減につながる製造技術の導入についても継続的に取り組んでいます。

当社や市場の現況

当社は日本国内で、各地の漁法に合わせたさまざまな船体がある漁船や和船から、レジャー目的で使用される大型クルーザー やフィッシングボートまで、全てのカテゴリーを揃えたマリンのフルラインアップメーカーです。ここ数年の国内ボート市場では、10m以上の大型モデルの販売が好調です。

主な生産拠点

名称 所在地
漁船・和船 ヤマハマリン北海道製造(株)
※グループ会社
北海道二海郡八雲町
小型ボート・和船 ヤマハ天草製造(株)
※グループ会社
熊本県上天草市
大型・中型ボート ワイエム志度(株)
※生産委託
香川県さぬき市
2019年 プレジャーボート国内需要(当社調べ)
グラフ
当社出荷隻数の推移
グラフ
当社ボート事業の売上高の推移
グラフ

企業情報

ページ
先頭へ