本文へ進みます

事業領域:電動アシスト自転車

ヤマハ発動機のランドモビリティ:電動アシスト自転車をご紹介します。

製品プロフィール

電動アシスト自転車は、人がペダルをこぐ力をバッテリーとモーターが補助(アシスト)する仕組みを持った自転車で、当社が開発し、1993年に発売した「PAS(パス)」※が世界初の製品となっています。自転車の持つ手軽さや利便性に加えて、基本的な弱点(坂道、向かい風、荷物積載時の負荷など)を効果的に補い、誰もが気軽に乗れることが特徴です。通勤や通学、幼児の送り迎え、買い物、レジャー、都市部での業務など、若年層からシニア層までのさまざまな移動を支えるパーソナルコミューターの新たなカテゴリーとして普及が進んでいます。
※ 製品名はPower Assist System(パワー・アシスト・システム)の頭文字が由来となっています。

事業の歩み

1980年代に表面化した、省エネルギーをはじめとする「地球環境問題」や少子高齢化という「社会的な問題」に対する課題認識が発端となって、“人間感覚を最優先した、人に地球にやさしいパーソナルコミューター”という開発コンセプトのもとに、既存のカテゴリーには属さない新たな乗り物として開発に取り組み、1993年に世界初となる製品を発売。以来、パイオニア企業として製品の熟成や普及に取り組み、2016年には累計出荷台数200万台を達成しています。
2014年には「軽量・コンパクト・高性能」による走りの楽しさと環境性能を具現化する新コンセプト“GREEN CORE(グリーンコア)”に基づいた次世代のドライブユニットを開発、2015年よりPAS主要モデルに搭載しています。なお、2015年には、新コンセプトのスポーツ電動アシスト自転車ブランド「YPJ」を立ち上げ、第1弾としてロードバイク「YPJ-R」を、2016年にはクロスバイク「YPJ-C」を発売。2018年には、e-MTB「YPJ-XC」をはじめ、「YPJ-ER」「YPJ-EC」「YPJ-TC」を発売し、モデルラインアップを拡充しました。2019年には、電動アシスト自転車用ドライブユニット累計生産台数500万台を達成しています。

当社や市場の現況

世界に先駆けて、1993年に電動アシスト自転車を開発・発売して以来、ラインアップの充実やさまざまな進化熟成を進めてきました。
ユーザーや使用シーンの拡大のほか、健康志向や環境意識の高まり、交通環境の変化、ガソリン価格の高騰などの社会的な要因もあって、電動アシスト自転車へのニーズは多様化しており、市場規模も拡大してきています。
また、2008年12月には「電動アシスト自転車のアシスト比率に関する法令基準の改正」が施行され、2009年7月には「幼児二人同乗用自転車安全基準」が制定されるなど、電動アシスト自転車の基準も変化してきています。
2012年には、国内での完成車販売、ドライブユニットの供給ビジネスに加え、近年、世界有数の電動アシスト自転車市場となっている欧州地域(ドイツとオランダ市場が全体の50%以上)で、主要メーカーにドライブユニットのOEM供給を開始。欧州の市場拡大とともに出荷台数は伸長しており、ビジネスのグローバル展開が拡大しています。

電動アシストの法令基準

図

時速10kmまでは、こぐ力とアシストの比率は「最大1:2
時速10kmを超えてからは、スピードが出過ぎないようにアシ ストを制限
時速24kmを超えてからは、アシストはなし

*法令基準で定められている最大比率

PASシステムの概略

フロー図
図

主な生産拠点

名称 所在地
PASユニット
(ドライブユニット)
ヤマハモーターエレクトロニクス(株)※グループ会社 静岡県周智郡森町
国内総需要の推移
グラフ

出典:経済産業省 生産動態統計 電動アシスト自転車出荷台数

当社出荷台数の推移(完成車のみ)
グラフ
当社売上高の推移(完成車とOEM)
グラフ

企業情報

ページ
先頭へ