ヤマハ発動機株式会社

年選択

26

1983-1990海外生まれのスポーツレジャーの提案

「四輪バギー」とも呼ばれるATVは、「全地形に対応するのりもの」を意味する。ヤマハではATV事業のスタート当初からユーザーの生きた声を積極的に採り入れ、過酷なテストによる改良を繰り返し、新たな発想で市場を広げてきた。

ツーリングモデルとして人気を集めた「ビッグベア」(左)

やがてATVのマーケットは、発祥の地であるアメリカからヨーロッパ、オセアニア、アジア、そして日本へと広がり、日本では安心してダイナミックな走行が楽しめるATVランドも徐々に整備され、ファンライドのほかにも、その踏破性を活かして海岸パトロール等にも利用されるまでになった。また、アメリカに続く有数の市場であるカナダでは、ATVの通称としてヤマハATVの商品名である「ビッグベア」という呼び名が定着するなど、ヤマハATVは世界の各地で親しまれる存在に成長している。

その後、ヤマハのATVシリーズは、フィールドワークに最適な「YFM450」「YFM660」、ハイスペックな「YFM660R」、中堅モデルの「YFM350」、スクーター感覚の「YFM125」、エントリーモデル「YFM80」など、次々にラインアップを広げていった。

四輪ATVの初号機「YFM200」(1984年)
カナダで親しまれている「グリズリー」

一方、やはり北米が生んだ商品の代表の一つに、ウォータービークルがある。ヤマハでは早い段階からいわゆる水上オートバイ類の試作を行ってはいたが、当時のマリン市場の状況から具体的な商品開発には至らなかった。本格的な開発がスタートしたのは1983年。当初は立ち乗りタイプのモデルが検討されたが、幾度かの試作モデルの製作とアメリカでのテストを繰り返し、やがて「より安全に、より楽しく、より機動的に」航走できる新しいのりものという方向性を見出し、座り乗りという発想が生まれた。このコンセプトは、後にヤマハのウォータービークルの方向性を決定付けることとなった。

「MJ-500T」(1986年11月発売)
「MJ-500S」(1987年1月発売)

こうして誕生したタンデムモデルは「ウェーブランナー」と名付けられ、1986年11月に新居工場でラインオフし、アメリカ市場にさっそうとデビューした。続いて1987年1月にはシングルモデルの「ウェーブジャマー」を投入し、バリエーション化を進めた。両モデルの市場導入は、それまでにないユーザー層を創出することになった。それまで約2万5,000台だった世界のウォータービークル需要が、1987年に3万1,000台、1988年に5万7,000台、1990年には10万台を突破するまでに成長した。

.

facebookで共有する ツイッターでつぶやく googleプラスで共有する mixiチェックで共有する