本文へ進みます

「循環型社会」の実現に向けて

ヤマハ発動機は、事業活動を通じて循環型社会の実現を目指します。

循環型社会の実現に向け、製品の開発、生産、使用、廃棄の各段階で「3R(リデュース、リユース、リサイクル)」の重要度はさらに高まってきています。ヤマハ発動機グループでは「限りある資源の有効活用と循環利用の促進」を目標として掲げ、さまざまな取り組みを行っています。

今後も省資源・リサイクル率向上を目指し、再生材の積極利用をはじめ、部品点数の削減、最適形状の追求による小型化、LED採用による長寿命化、解体容易化設計、また、部品のリサイクル性の向上など、さまざまなアプローチで製品3Rの向上に取り組んでいきます。

再生可能な資源活用による新規資源利用の削減

3R設計と製品リサイクルの推進

ヤマハ発動機グループでは、各種製品の「3R(リデュース、リユース、リサイクル)設計」に積極的に取り組んでいます。また日本国内に関しては、廃棄二輪車の取扱店が適正に処理を行う「二輪車リサイクルシステム」を業界他社との協力・連携を取りながら継続して推進しています。同様の取り組みとしてマリン分野でも「FRP小型船舶リサイクルシステム」があり、FRPプールでは「リニューアル・リデュース・リユース・リサイクル」に取り組んでいます。

二輪車における3R設計
二輪車における3R設計
二輪車リサイクルシステム

国内二輪メーカー4社(※1)と輸入事業者6社(※2)の協力のもとで廃棄される二輪車の適正処理・再資源化を促進し、循環型社会の実現をめざす自主的な取り組みです。2019年度の当社のリサイクル率実績は、97.4%でした。ヤマハ発動機グループでは「二輪車リサイクルシステム」の普及に取り組むとともに、お客さまが廃棄されるヤマハ製二輪車についての適正処理・リサイクルを責任を持って実施しています。

※1:ヤマハ発動機(株)、本田技研工業(株)、スズキ(株)、川崎重工業(株)
※2:(株)イーケィエー、(株)ブライト、 ドゥカティジャパン(株)、ビー・エム・ダブリュー(株)、SPK(株)、キムコジャパン(株)
(2020年7月1日現在)

二輪車リサイクルシステムの流れ
FRP小型船舶リサイクルシステム

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を材料として使用している小型船舶(ボート、ヨット、パーソナル・ウォーター・クラフト、漁船など)のリサイクルシステムは、一般社団法人日本マリン事業協会のFRP船リサイクルセンターが実施主体となり、委託先の指定引取場所に収集された廃FRP船を粗解体した後、FRP破材を中間処理場に運搬し、粉砕・選別等を行い、最終的にセメント焼成することによりリサイクル(マテリアル・サーマルリサイクル)を行うものです。

ヤマハ発動機は、このリサイクルシステムに参加し、お客様が廃棄・リサイクルを希望されるFRP船につきまして、責任を持って適正処理・リサイクルを実施します。

FRP小型船舶リサイクルシステムの流れ
FRPプール「リニューアル」

ヤマハ発動機は、FRP素材の特徴を生かし、地球環境と共存するプール技術を開発することで循環型社会の実現に貢献していきます。ヤマハリニューアル工法は、既存のコンクリートプールの構造体を最大限活用できるため、解体時に発生する振動ドリルの破砕音や、大型重機の運転音などを最小限に抑えることができます。また、既存のコンクリートプールを解体すると約350トンの廃棄物が発生しますが、一部を撤去するだけでよいため廃棄物の量を約85%削減でき、一般的な改築や改修に比べて環境負荷を大きく低減することができます。

フルリニューアル工法
zoom

フルリニューアル工法

既存のコンクリートプールを最大限活用してFRPプールにリニューアルするベーシックな工法です。
もとのコンクリートプールにFRP改修用ユニットでカバーリングを行い、専用のステーで固定します。FRP床パネルの下に敷かれた砂がサンドクッションとなり衝撃を緩和します。
工期は約45日で新規でプールをつくる場合よりも短縮することが可能です。

ピットリニューアル工法
zoom

ピットリニューアル工法

古いコンクリートプールは配管が埋没されている場合が多く、配管のトラブルが発生した場合は対応に大きな手間がかかってしまいます。ピットリニューアル工法は既存コンクリートプールとFRPユニットの間に配管ピットを新設。大きなコストをかけずに、メンテナンスのしやすいプールへと生まれ変わります。

FRPプール「リデュース」

循環型社会では、廃棄物の抑制が最重要課題です。耐食性・耐震性に優れたFRPプールはきわめて長寿命で、定期的にメンテナンスを加えることで長期間の使用が可能です。1978年に納入されたスクールシリーズの初号機が40年以上たった現在でも安全に使用され続けています。

写真
1978年設置(静岡県磐田市立東部小学校)
写真
1988年設置(つま恋ウォーターパーク)
FRPプール「リユース」

ヤマハFRPリユース工法は、独自のユニット構造によりプールを解体移設して再利用することが可能です。

世界水泳の仮設プールを解体移設し常設プールとして再利用
世界水泳の仮設プールを解体移設し常設プールとして再利用
FRPプール「リサイクル」

FRPの再利用は、溶融化による再資源化、熱回収(発電)などさまざまな方法がありましたが、さらにポルトランドセメントの生成とその熱エネルギー源として、マテリアル・サーマル両面のリサイクル方法が加わりました。FRPはこれらの方法により100%に近いリサイクルが可能です。

リサイクルフロー

梱包材における再生可能な資源利用の事例

ヤマハ発動機では、自然環境保全に向けた取り組みの1つとして、二輪車製品取扱説明書の包装袋や梱包資材の一部を植物性樹脂「バイオマスプラスチック」に切り替えています。バイオマスプラスチックとは、石油・石炭など化石資源以外の生物に由来する再生可能な資源(バイオマス)を原料として作られた樹脂のことです。一般的には工業用・飼料用のトウモロコシが多く使われており、当社採用のバイオマスプラスチック包装袋や梱包資材も成分の約30%がそのトウモロコシです。

製造段階における廃棄物削減と資源保護の取り組み

ヤマハ発動機の2019年度の排出物総量※1は20.9千トンとなりました。金属、プラスチック、鋳物砂などは分別し、再び原材料として活用するマテリアルリサイクル処理を実施しています。また、油や一部のプラスチックは助燃剤としてサーマルリサイクル処理を実施しており、燃焼後の残渣についてもセメントや路盤材原料として活用することで直接および間接埋立量「0トン」を継続して達成しています(リサイクル率100%)。

2016年度よりヤマハ発動機グループの廃棄物量の把握を開始しました。国内外グループ会社においても、分別の徹底、梱包資材のリターナブル化、切削液やオイルの長寿命化といった廃棄物量の削減に取り組んでいます。ヤマハ発動機グループの2019年度の廃棄物量は55千トン(グローバル環境連結対象112社のうち集計対象86社)第三者保証となりました。

※1排出物総量:外部に排出する物の総量(産業廃棄物、特別管理⽣産廃棄物、有価物を含む)

ヤマハ発動機の特別管理産業廃棄物量 ※2
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
566トン 290トン 277トン 229トン 288トン

※2 特別管理産業廃棄物:産業廃棄物のうち爆発性、毒性、感染症など、人の健康または生活環境に被害を生ずるおそれのある性状を有するもの

グループ水使用量の推移

ヤマハ発動機グループは、水資源使用量の削減に努めています。2050年目標を生産活動における水使用量の低減と定め、グローバルな水使用量の把握の継続に努め、工場での冷却水循環化や回収水(雨水など)の利用をはじめ、RO膜を利用した水の再利用、ポスターによる社員への節水の呼び掛け、水道の蛇口への節水コマの設置など、グループ全体で水使用量の削減に取り組んでいます。

ヤマハ発動機単体では、2019年の取水量は1,078千m3、排水量は1,181千m3第三者保証でした。

ヤマハ発動機グループ 取水量と回収水使用量
グラフ

集計範囲:グローバル環境連結対象112社のうち集計対象95社

ヤマハ発動機グループ 取水量の内訳(千m3
  2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
地下水 1,987 1,772 2,221 1,501 1,723
工業用水 2,253 1,798 1,487 1,448 934
上水道 391 1,317 575 946 1,251
その他淡水 114 85 167 258 375
取水量合計 4,745 4,972 4,450 4,153 4,283第三者保証

注記:内訳には推計数値が一部含まれます。

ページ
先頭へ