本文へ進みます

豊岡技術センター

ヤマハ発動機の豊岡技術センターの環境活動や集計データです。

豊岡技術センター


所在地:静岡県磐田市合代島1204

構成員数:232人(2016年12月末)

敷地面積:40,708m2

建物面積:13,331m2

工場機能:モーターサイクル等の試作部品製造、樹脂型製造、金型の製造

1. 2016年度の主な活動

  • 給水ポンプのインバーター化による電力削減
  • 加工時間短縮で、設備使用電力の削減
  • ミストコレクターのフィルタレス化で電力削減
  • 工場照明の省電力タイプへの取替で電力削減
  • GHP(ガスヒートポンプ)→EHP(エレクトリックヒートポンプ)導入によるガス削減
  • 工業団地歩道のゴミ拾いボランティア活動を毎月実施

2. 環境関連法規の順守状況(制裁措置・訴訟の有無)

なし

3. 環境データ

CO2排出量(t-CO2)
  CO2排出量
電力 1,804
化石燃料 216
合計 2,020

EHPエアコン使用により電力使用量は増加する結果となったが、ガス消費は大幅削減できた。 しかし、9月-10月の暑さによりエアコン使用量が増加した影響があり、CO2排出量が昨年実績より増加する結果となった。

エネルギー使用量
  使用量
電力量(千kWh) 4,736
化石燃料(kL) 73

※電力量は買電量
※化石燃料(重油、軽油、灯油、ガソリン、都市ガス、LPG)の使用量は原油換算値

廃棄物排出量(t)
  排出量
直接埋立廃棄物 0
間接埋立廃棄物 0

※直接埋立廃棄物・・・直接最終処分場に持ち込まれ埋立処分される廃棄物
※間接埋立廃棄物・・・中間処理業者にて処理され、残渣を最終処分場に持ち込み埋立処分される廃棄物
(間接埋立廃棄物排出量「0t」ですが、一部、非製造過程より排出する試薬類は除きます。)

水の供給量(m3
  2016年
地下水 4,784
水道水 3,939
工業用水 0
合計 8,723
排水量(m3
  2016年
河川等放流 8,723
下水道放流 0
合計 8,723

※雨水を含みません

大気汚染物質

管理対象設備なし

水質汚濁物質
実績(排水A) 実績(排水B)
項目 規制値(自主規制値) 最大値 平均値 最大値 平均値 判定
pH 5.8~8.6 7.3 7.2 7.5 7.2 OK
SS ≦50 3.5 1.6 8.5 3.1 OK
COD ≦160 12.1 8.1 8.1 3.0 OK
BOD ≦20 8.0 3.3 4.6 1.5 OK
フッ素 ≦8 <0.2 <0.2 <0.2 <0.2 OK
シアン ≦1 <0.1 <0.1 <0.1 <0.1 OK
Nへキサン抽出物質 ≦4 <1.0 <1.0 <1.0 <1.0 OK
≦1 <0.05 <0.05 0.1 0.1 OK
亜鉛 ≦1 0.40 0.12 0.65 0.16 OK
≦0.1 <0.01 <0.01 <0.01 <0.01 OK
カドミウム ≦0.1 <0.01 <0.01 <0.01 <0.01 OK
総クロム ≦2 <0.10 <0.10 <0.10 <0.10 OK
ニッケル ≦2 <0.20 <0.20 <0.20 <0.20 OK
≦10 <0.20 <0.20 0.29 0.29 OK
マンガン ≦10 <0.10 <0.10 <0.10 <0.10 OK
大腸菌群 ≦3,000 140 17.5 34 3.6 OK
硝酸、亜硝酸化合物+アンモニア及び化合物 ≦100 14.3 8.6 3.2 1.1 OK
ほう素 ≦10 <0.1 <0.1 <0.1 <0.1 OK

注)単位:pH以外=mg/l、大腸菌=個/cc

ページ
先頭へ