本文へ進みます

取引先

サプライチェーンにおける、調達先や取引先とのパートナーシップについてご紹介します。

協働と公正の精神に基づくグローバル調達・販売ネットワーク

ヤマハ発動機の製品は、国内外のさまざまなサプライヤーとの協働によって成り立っています。ビジネスのグローバル化によって拡大していく調達・販売体制の中でヤマハ発動機グループは、「相互信頼・相互繁栄」の精神に基づいて国内外さまざまなサプライヤー・販売店との協働関係を確立しています。そのため日ごろから、各国・地域の競争法を遵守した公正な取引の維持に努め、共に持続可能な成長を目指すパートナーとしての関係構築に取り組んでいます。

調達活動を支える2つの方針

私たちは、世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する「感動創造企業」として陸に、海に、空にユニークで高性能・高品質な製品を世の中に送り出してきました。これを継続・発展させるためには、多種多様の高品質な部品・資材などを世界的な視野で幅広く調達していくことが不可欠だと私たちは考えています。

こうした考えの下「購買取引基本方針」の中で、「信頼と協調の元に、公正な取引を行い、品質・価格・納期およびその他の改善活動を通じて、取引先とより良い関係を築くよう常に努力」することを掲げ、「オープンドアポリシー」「公正・公平な取引」「遵法・機密保持」「地球環境重視」「相互信頼 相互繁栄」の5つの分野でそれぞれの理念を打ち出しています。この「購買取引基本方針」の土台となっているのが「積極的なコミュニケーションを通じてより良い信頼関係を築き、相互繁栄の実現に取り組みます」という「CSR調達方針」です。

「購買取引基本方針」と「CSR調達方針」は新規取引契約、調達活動、取引継続など、調達にかかわるすべての局面で意識されるべき原点として重要な役割を果たしています。

方針展開のための推進体制

「購買取引基本方針」「CSR調達方針」を遵守し、それを調達活動に反映させるため調達本部は、調達グローバル責任者コミッティを会議体として組織し、サプライヤーCSRガイドラインに記載されている各項目の推進を指示しています。

そこでは取引先との相互繁栄の理念に基づいて現状報告や課題の審議、決定事項の実行指示などが行われます。そしてそれらは、グローバルで具体的な施策に落とし込まれ、全社方針として調達の現場に徹底されていきます。また、世界中のサプライヤーを毎年一堂に集めて開催する「グローバルサプライヤーズカンファレンス」やさまざまな機会を通して行われる各種研修会の中でも徹底が図られます。「グローバルサプライヤーズカンファレンス」の中では優秀事例も発表され、共有を通じた横展開も図られています。

なお、当社主要製品の地域別調達金額比率は以下の通りです。

主要製品の地域別調達金額比率(2019年現在)
グラフ

サプライチェーンを支える重要なパートナー

私たちにとってサプライヤーは、サプライチェーン全体を支える大切なパートナーです。お客様および社会に安全な製品を提供するという観点から数量や金額のみならず、質や調達プロセスを重視しています。特に、重要部品の供給を行っているサプライヤーには当社のビジョン・方針を共有して理解いただき、お客様に感動をお届けするための活動をしてもらえるように努めています。主要サプライヤーとの連携はサプライチェーン全体の質を高める上でも重要で、今までにも増して大切にしていかなくてはならないと考えています。

サプライチェーン全体でサステナビリティを推進

ヤマハ発動機グループの「CSR基本方針」では、取引先にも方針の趣旨を支持しそれに基づいて行動することを期待しています。また、社会の要請や期待に適切に対応できるサステナビリティ活動を実現するため、「サプライヤーCSRガイドライン」では、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点で「安全・品質」「人権と労働環境」「環境への配慮」「リスクマネジメントの実践」「コンプライアンスの徹底」などの方針を世界各国のサプライヤーに示し、各サプライヤーから合意確認書を取得してサプライチェーン全体でサステナビリティへの取り組みを推進しています。中期計画 (2019~2021年)では、全世界購入金額ベースの約9割を目標に1,000社以上のサプライチェーンに展開し、その内約600社から合意確認書を取得しています。

「サプライヤーCSRガイドライン」記載事項に関しては、サプライヤー自身で評価するしくみを作り、中期計画初年度の2019年は、合意確認書を取得した取引先のうち約6割で実施しました。

今後は、自己評価された数値を検証し取引先評価システムに組み込むことで、より実効性の高い政策を推進していきます。また、そこで特定された課題は、各地域の当社子会社がサプライチェーン全体の改善策としてリスク対策活動計画表としてまとめ、本社と情報共有しながら進捗管理していきます。

環境対応活動については、「グリーン調達ガイドライン」によって環境負荷物質の管理と削減、資源エネルギー効率活用などをサプライヤーと共に進めています。そして2018年からは、ヤマハ技術規程の中に自動車業界が統一で定めた化学物質の情報を織り込み、サプライヤーへの周知と適合の徹底を図っています。図面および仕様書で要求するヤマハ技術規程への適合に対するエビデンスとして、IMDS(International Material Data System)を用いており、2019年末時点では1万点の実績ですが、今後は既存量産部品での登録カバー率をさらに向上させるとともに、新規部品についても全点登録を目指して体制を強化していきます。

また、サプライヤーと個別で交わす「購買基本契約」の中で「関連する法令、通達、ガイドライン等を遵守する」ことを要請して法令遵守を担保しています。

一方、本社の調達スタッフに対しては、弁護士を招いて下請法の研修会を実施するなど、CSR教育による意識啓発を行っています。
こうした活動によって私たちは、サプライチェーン全体でサステナビリティの推進を図っています。

サプライヤー人権課題への対応

私たちの主要製品の調達部品は、東南アジアが金額比率で約50%を占め、この地域は一般的に人権リスクが高いとされています。そこで2019年、人権侵害課題の観点を含む労働環境について第三者によるアセスメントをトライアル実施しました。

具体的には、当社二輪車の最大生産拠点であるインドネシアの中から労働環境リスクの高いとされる業種のサプライヤー3社をピックアップして方針等の整備浸透状況、経営者インタビュー、労働慣行・実働状況・救済措置などについての調査、現場視察などを行いました。そして、提案事項について該当サプライヤー、発注元である1次サプライヤー、当社グループ企業にフィードバックを行い、改善を図っています。

調達リスクへの対応

自然災害、品質問題、経営状況など、調達先を取り巻くさまざまな課題に対して私たちは、「相互信頼・相互繁栄」の考えの下、リスクの予防とリスク発生時の影響の最小化に努めています。

経営状況と品質問題については、本社によるモニタリングを毎年実施し、BCP(事業継続計画)と環境負荷物質不使用と合わせて全体パッケージとして取引先を評価しています。その上で必要に応じて是正措置を行い、進捗確認を実施しています。

また、一連のサプライチェーンを登録したデータベースを用いて調達部品が完成するまでの履歴を明らかにし、リスク要因の把握に努めています。

共に取り組む「モノ創り調達」

私たちは、サプライチェーンとの関係において、「モノを買う調達」だけではなく、取引先と私たちがコストと品質を一緒になって創り込む「モノ創り調達」という考えを重視しています。

この活動例として、「理論値生産※」のサプライヤーへの展開があります。これは、サプライヤーに対して単にコストダウンを要求するのではなく、生産活動における絶対価値をサプライヤーと共に分析設定し、コスト競争力をどう高めるかに向けて取り組んでいくものです。ヤマハ発動機はこの活動を推進するため、社員を「理論値インストラクター」として教育しサプライヤーに派遣しています。現在は、「理論値」の考え方を生産工程のみならず調達にかかわるすべての活動にまで広げて活動を行っています。そしてサプライヤーにこれらを根付かせるため、サプライヤー社員が務める指導員の育成にも取り組んでいます。

品質においても、品質管理の考え方や手法の指導のため、当社社員がサプライヤーに出向いて指導するとともに「理論値生産」同様、指導員育成を行っています。

※理論値生産:生産におけるさまざまな作業を分析して本当に価値を生む作業だけを「価値作業」とし、現状をそこに到達させるための努力を永遠に続けていく生産効率化手法の一つ。一般的な手法が現状から見たムダの排除を積み上げていくのに対して、最初に理論上の価値作業を分析設定し、その実現に向けて改善に取り組むものです。

販売店との取り組み

世界各国で展開する販売店は、お客さまとの接点として、ヤマハからの「次の感動」を伝える重要な発信地の役割を狙います。ヤマハ発動機グループでは、定期的にディーラーミーティングなどを開催して販売店との連携を強化し、安全運転普及活動や地域貢献活動支援を通じて、共通の価値を提供する販売ネットワークを構築しています。

日本では、ヤマハスポーツバイクディーラーであるYSPを主とした販売店とグループ会社のヤマハ発動機販売(株)が協働で、二輪車の社会環境づくり、マナー促進活動、二輪車リサイクル、植樹キャンペーン環境活動、盲導犬育成募金活動などに取り組み、地域や社会との関係構築において重要な役割を担っています。

ページ
先頭へ