本文へ進みます

ヤマハ発動機グループ環境計画2050

ヤマハ発動機グループ環境計画2050をご紹介します。

環境計画2050


 ヤマハ発動機株式会社は2018年12月、「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」を発表しました。この計画は、製品使用時のCO2排出量、生産や物流におけるCO2排出量、資源利用のそれぞれについて2050年までに2010年比で50%削減を目指し、同時にグローバル視点で環境保全と生物多様性に取り組むものです。

計画の概要

ヤマハ発動機グループ環境計画2050

取り組み分野

2050年目標

重点取り組み項目

低炭素社会

製品CO2排出 50%削減

1. 製品から排出されるCO2を削減

2. 次世代モビリティーの開発と普及促進

ライフサイクルCO2排出 50%削減

3. 生産活動で排出されるCO2を削減

4. 物流活動で排出されるCO2を削減

循環型社会

資源利用 50%削減

5. 再生可能な資源活用による新規資源利用の削減

6. 生産活動における廃棄物の低減

7. 生産活動における水使用量の低減

8. 物流活動における梱包資材の低減

自然共生社会

各国・各地域で環境保全・生物多様性の活動を強化する

9. 製品を使用するフィールド(陸・海・空)を守る活動

10. 陸上/海洋の生態系保護の取り組み

11. 各国・各地域の環境課題解決に貢献する活動

※水使用量は各国水リスクに応じた施策により最小化を狙う

2050年の社会

 アフリカ・アジア諸国の経済成長により人口が増加し、2050年世界人口は90億人を超え、それに伴う一次エネルギーの消費増加と鉱物資源の需要が拡大し2050年には地下鉱物資源がすべて採掘されてしまうという予測も出ています。また、地球温暖化の課題はますます深刻となり、産業革命以前からの気温上昇を2℃未満に抑える「2℃シナリオ」を背景にCO2削減目標「2050年までに50~80%削減(2010年比)」「2100年までにゼロまたはマイナス」が国際社会における共通認識となっています。

CO2排出量が極めて少ないモビリティ

 2016年の世界のCO2排出量は323億トンです。このうち二輪車は、排出源として占める割合が全体の0.3%で、極めて環境負荷が少ない乗り物です。

グラフ

 さらに二輪車は、都市移動の交通手段としては最速で燃費も良く、乗用車と比べて1人あたり1km移動におけるCO2排出量のインパクトは1/3です。

グラフ

ライフサイクルでも環境負荷極小

 二輪車は、資源採掘から廃棄までのライフサイクルCO2排出量が乗用車の1/26、資源利用量においては1/40と、地球にやさしい持続可能なモビリティです。

グラフ

持続可能な社会の実現に貢献する当社製品

 私たちが提供する二輪車を基幹とする製品群は、「軽量&コンパクト」を特長に、製造段階の資源利用としての環境負荷が小さいのみならず、使用段階においても機動性に富み、自由に手軽に近距離を移動できる特性を持っています。
 特に経済成長が著しい新興国において、モビリティの中でも小型で安価な二輪車は、物とサービスの移動需要を充足するとともに、人々の生活圏が拡大し、職業や教育機会の選択肢を増加させます。しかも、大規模なインフラ整備が不要で地球環境に大きなダメージを与えることがありません。
 また、1993年に世界初の電動アシスト自転車「PAS」を発売して以降、スクーター、ゴルフカー、車イス、産業用無人ヘリコプターなど多様な製品群で電動化を推進するなどエネルギーの多様化への対応にも取り組んできました。
 これからも製品を通してより豊かな生活を提供することで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

目標設定の考え方

 ヤマハ発動機グル-プの2017年度の全事業におけるライフサイクルCO2排出量実績は3,039万トンです。カテゴリー別内訳では「製品の使用時」が84.8%と最も大きく、製品別には二輪車が90%を占めています。

グラフ

 「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」では、「2℃シナリオ」のCO2削減目標に積極的に貢献する企業としてSBTi(科学と整合した目標設定)の考え方に基づいて目標を策定しました。策定にあたっては、パーソナルモビリティの特長を生かし、自動車セクターで要求されている到達目標を上回る削減シナリオとしています。

グラフ

 目標設定に関しては、製品のCO2排出量削減のみならず、生産活動や資源利用などライフサイクル全体で取り組みます。

ご参考:環境計画2020の進捗状況

 当社は現在、2009年に策定した「ヤマハ発動機グループ環境計画2020」に基づき、「製品」「生産活動」「マネジメント」「マインド」の4つの分野で環境活動を推進しています。
 2017年12月末時点での実績は「グループ売上原単位CO2排出量11%削減(2009年比)」の目標に対し33%削減、「ヤマハ発動機単体での廃棄物量8%削減(2012年比)」の目標に対し25%まで削減し、既に目標を達成しております。各拠点からの環境情報収集の仕組みの構築、生態系保全のため活動の推進など、定性的な目標もほぼ達成する見通しです。
 なお、同計画は2018年末で終了し、2019年からは「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」に移行します。

ページ
先頭へ