本文へ進みます

浜北工場

ヤマハ発動機の浜北工場の環境活動や集計データです。

浜北工場


所在地:静岡県浜松市浜北区中条1280

構成員数:807人(2016年12月末)

敷地面積:103,070m2

建物面積:53,212m2

工場機能:モーターサイクルを中心とするスノーモビル、ATV(バギー車)等の部品の製造

1. 2016年度の主な活動

  • 製造CO2削減:生産設備や運用の改善、点検、パトロール等の維持管理・啓蒙活動を実施。詳細は下記CO2排出量コメント欄を参照。
  • 物流CO2削減:本社便混載による積載率向上および物流ルート状況に応じた最適ルートへの変更輸送距離削減。
  • 産業廃棄物削減:SD保全時の廃液再利用、浄液の推進、タフナイト廃液交換の運用見直しによる廃液削減。
  • 金属屑排出削減:設計変更による削減/工程設計による削減。
  • エコマインド推進:環境保全活動(エコ通勤の継続展開、省エネ運転実施、ボランティア活動へ参加、環境改善提案強化)、自治会・近隣とのコミュニケーション活動。

2. 環境関連法規の順守状況(制裁措置・訴訟の有無)

なし

3. 環境データ

CO2排出量(t-CO2)
  CO2排出量
電力 12,265
化石燃料 2,175
合計 14,400

改善活動として「炉バーナの蓄熱体の設置」「コンプレッサの稼動見直し」「工程集約」「生産性向上活動」等を実施。(目標比120%)
全体の工場仕事量は減ったが多量エネルギー使用職場の仕事量増加及び夏場が暑かった事による空調負荷の増加影響により実績値は前年より悪化した。

エネルギー使用量
  使用量
電力量(千kWh) 32,191
化石燃料(kL) 1,190

※電力量は買電量
※化石燃料(重油、軽油、灯油、ガソリン、都市ガス、LPG)の使用量は原油換算値

廃棄物排出量(t)
  排出量
直接埋立廃棄物 0
間接埋立廃棄物 0

※直接埋立廃棄物・・・直接最終処分場に持ち込まれ埋立処分される廃棄物
※間接埋立廃棄物・・・中間処理業者にて処理され、残渣を最終処分場に持ち込み埋立処分される廃棄物
(間接埋立廃棄物排出量「0t」ですが、一部、非製造過程より排出する試薬類は除きます。)

水の供給量(m3
  2016年
地下水 222,549
水道水 6
工業用水 0
合計 222,555
排水量(m3
  2016年
河川等放流 499,695
下水道放流 22,956
合計 522,651

※雨水を含みます

大気汚染物質
物質名 特定施設名 法規制値 実測値 判定
窒素酸化物(ppm) 暖房機 ≦150 51.2 OK
ばいじん(g/Nm3 暖房機 ≦0.1 0.02 OK
硫黄酸化物(K値規制) 暖房機 ≦4.47 0.01 OK

※暖房機6台の平均値、年1回測定
※窒素酸化物の実測値は補正濃度

水質汚濁物質
排水A実績 排水B実績
項目 条例規制値
最大値 平均値 最大値 平均値 判定
pH 5.8~8.6 7.60 7.29 7.40 7.09 OK
COD ≦160 1.30 1.00 1.10 1.00 OK
BOD ≦25 1.30 0.75 1.00 0.64 OK
SS ≦50 3.00 1.20 1.00 1.00 OK
亜鉛 ≦2 0.05 0.05 0.06 0.05 OK
溶解性鉄 ≦10 0.20 0.20 0.20 0.20 OK
溶解性マンガン ≦10 0.10 0.10 0.10 0.10 OK

注)単位:pH以外=mg/l、大腸菌=個/cc
※その他有害物質については検出されていない

ページ
先頭へ