本文へ進みます

新居事業所

ヤマハ発動機の新居事業所の環境活動や集計データです。

新居事業所


所在地:静岡県湖西市新居町新居3078
構成員数:218人(2018年1月末)(ボート・プール)
敷地面積:46,046m2(第2工場、第3工場、実験厚生棟、技術棟)
建物面積:31,854m2(第2工場、第3工場、実験厚生棟、技術棟)
工場機能:FRPボート、WV、スポーツボートの開発、FRPプールの開発、製造、営業

1. 2017年度の主な活動

  • 省エネ活動:下記CO2排出量コメント欄を参照。
  • 環境保全活動:
    ・自然を守る活動、浜名湖クリーン作戦(6月4日)へ継続参加、新居事業所周囲の道路を事業所全体で参加し清掃実施(4月19日)。
    ・ボートやWVなど自社製品を活用した清掃活動第9回マリンクリーン活動in浜名湖を10月27日に実施。

2. 環境関連法規の順守状況(制裁措置・訴訟の有無)

なし

3. 環境データ

CO2排出量(t-CO2
  CO2排出量
電力 862
化石燃料 640
合計 1,503

注)小数点以下四捨五入のため、計が一致しない箇所があります
※蒲郡事業所を含む

12月度の外気温が前年比-3℃と低かったこと、新居第3工場(プール)において11月~12月に業務繁忙により、工場の稼動時間が増えボイラー、コンプレッサー、工場用暖房機の燃料であるLPGの使用量及び給排気設備のあるブースのファンを稼動させるための電力使用量が増え、CO2排出量が前年比+7.7%となった。
2016年に、第2工場の2階事務所と1階の試作工場の照明をLED化し、2017年、第3工場の事務所、部品管理、完成検査、組立、仕上げ職場の照明をLED化し省エネ化を進めたことにより、電力の消費が前年比微増で済んだ。

エネルギー使用量
  使用量
電力量(千kWh) 2,264
化石燃料(kL) 273

※電力量は買電量
※化石燃料(重油、軽油、灯油、ガソリン、都市ガス、LPG)の使用量は原油換算値
※蒲郡事業所を含む

廃棄物排出量(t)
  排出量
直接埋立廃棄物 0
間接埋立廃棄物 0

※直接埋立廃棄物・・・直接最終処分場に持ち込まれ埋立処分される廃棄物
※間接埋立廃棄物・・・中間処理業者にて処理され、残渣を最終処分場に持ち込み埋立処分される廃棄物
(間接埋立廃棄物排出量「0t」ですが、一部、非製造過程より排出する試薬類は除きます)

水の供給量(m3
  2017年
地下水 0
水道水 5,346
工業用水 5,217
合計 10,563
排水量(m3
  2017年
河川等放流 10,563
下水道放流 0
合計 10,563

※雨水を含みません

大気汚染物質
物質名 特定施設名 規制値 実測値 判定
窒素酸化物(ppm) ボイラー ≦140 61 OK
暖房機 ≦140 52 OK
ばいじん(g/Nm3 ボイラー ≦0.1 <0.01 OK
暖房機 ≦0.1 <0.01 OK
硫黄酸化物(K値規制) ボイラー ≦17.5 0.15 OK
暖房機 ≦17.5 0.14 OK

※暖房機(技術棟含む)4台、ボイラー3台のうちの各最大値

水質汚濁物質
実績(実験厚生棟) 実績(第3工場)
項目 規制値 最大値 平均値 判定 最大値 平均値 判定
pH 5.8~8.6 7.3 6.9 OK 6.9 6.67 OK
COD ≦80 13.3 12.1 OK 14.6 9.48 OK
BOD ≦20 8.4 6.1 OK 3.3 1.78 OK
SS ≦30 5 3.6 OK 5.6 2.4 OK
全窒素 ≦60 5.63 3.5 OK 30 22 OK
全リン ≦8 - - - 5.01 3.77 OK

注)単位:pH以外=mg/l、大腸菌=個/cc
※その他有害物質については検出されていない
※法的には、該当する規制値なし

NOx/SOx年間排出量(t)
  2015年 2016年 2017年
NOx 3.054 0.878 0.869
SOx 0.458 0.224 0.196
ページ
先頭へ