本文へ進みます

てへんのしごと

ヤマハならではの価値を生む
「もうひと手間」。

ヤマハブランドの感性と美意識。クラフトマンとしての誇り。
そのこだわりと技をかたちにする非合理なひと手間を、私たちは〈ヤマハの手〉と呼ぶ。

アルミ燃料タンク研磨

アルミの証と意匠を刻む

アルミらしさを誇示するように、進行方向に向かって美しく流れるヘアライン。「YZF-R1M」の燃料タンクにその美しさをもたらすことができるのは、社内にもわずか3人しかいない。選りすぐりの研磨の手練れたちだ。...

セル生産方式エンジン組立

匠が組み上げる、
魂のエンジン

「SR400」のエンジン組み立ては、高級腕時計のようにたった一人のクラフトマンがゼロから完成までのすべてを担う。習熟した作業者でも1基組み上げるのに1時間を要する重厚感のある仕事だ。...

外装部品の手吹き塗装

「手吹き」を伝える匠のアトリエ

ヤマハモーターサイクルの塗装現場は、クラフトマンたちの技を忠実に再現するロボットによって自動化が進んでいる。しかし、匠の感性が途絶えたわけではない。自動化された塗装現場に、手吹き技術を伝承するアトリエが残された。...

ページ
先頭へ