本文へ進みます

生物多様性

ヤマハ発動機グループの生物多様性基本取り組み姿勢を紹介します。

ヤマハ発動機生物多様性基本取り組み姿勢

背 景

 生物多様性の保全をはじめとするサスティナビリティを巡る課題への対応は重要であるとともに成長機会の取り込みに繋がるものと認識しています。
 ヤマハ発動機では、これまでに、環境負荷がより少ない小型エンジンの技術革新、電動アシスト自転車・電動二輪車といったスマートパワー技術の製品化、次世代動力源の研究開発、など企業活動の全てにおいて地球環境との調和に配慮した取り組みを進めてきました。
 これからも継続して生物多様性への取り組みを実践するため、「ヤマハ発動機生物多様性基本取り組み姿勢」を制定しました。

 

考え方

企業理念、CSR基本方針や環境計画に基づき、
「生態系や生物種、遺伝子の多様性」
「自然の恵みを補う活動」「与えた影響の最小化」
の観点でこれからも、
自主的、体系的、継続的に
生物多様性に取り組みます。

  • 地球にやさしい
    知的技術で貢献します

    当社製品フィールドである、大自然の恩恵に支えられている重要性を深く理解し、技術により、生物の多様性を目指します。

  • 地球環境との調和に
    配慮した取り組みを
    推進します

    エコマインドの醸成により、自主性を更に高め、体系的な生物多様性の活動に継続して取り組みます。

    グローバルな視点で生物多様性の危機に対し、地球環境との調和に配慮した自然を守り、育む活動を推進します。

  • 環境コミュニケーションと
    情報公開に努めます

    生物多様性への取り組みにおいて、幅広く社会との連携・協力を図るとともに情報の適切な公開に努めます。

生物多様性への取り組み


 ヤマハ発動機生物多様性基本取り組み姿勢に沿った体系的な活動を、従業員の自主性に基づき継続的に実施しています。
 たとえば、美しく豊かな海を守るためのビーチクリーン作戦は1990年代初頭から国内外の海岸で取り組んでおり、エコマインドを醸成しつづけ現在も継続しています。

絶滅危惧種のアカウミガメを守る

 地域の身近な自然である遠州灘海岸には毎年、絶滅危惧種のアカウミガメの母ガメが産卵に訪れます。
 遠州灘海岸では、サンクチュアリN.P.O.との連携により1991年からビーチクリーン活動を28年継続して実施しており、従業員とその家族・友人、累計13,333名がボランティア参加をしています。 

サステナブルビーチ作戦を主催・ウェルカメクリーン作戦に参加

 絶滅危惧種のアカウミガメを守るため、産卵時の障害となるごみや誤飲してしまいそうなビニール片、ペットボトル、空き缶等を回収するクリーン活動を開催しています。また、産卵のためになくてはならない海岸の砂地そのものを修復するため、砂とこうぼう麦の種を詰めた麻袋を積み、風による砂の飛散から守っています。

写真
ビーチクリーン活動
写真
在来種こうぼう麦の種集め

絶滅危惧種カワラハンミョウを守る(生物種や遺伝子の多様性)

 護岸工事など人間の影響により川原から追われ、中田島砂丘にかろうじて生息している絶滅危惧種の甲虫、カワラハンミョウ。その生息環境を守るため、外来植物種の駆除を静岡県浜松土木事務所沿岸整備課との協力により2015年から年2回継続しています。

※外来植物種:オオフタバムグラ・コマツヨイグサ・ホソムギ・ヒメムカシヨモギ

外来植物種駆除作戦を実施

 各種の除草に効果的な時期となる5月にコマツヨイグサ、9月にオオフタバムグラを中心にボランティア参加者により外来植物種の除去作戦を実施しています。

写真
絶滅危惧Ⅱ類カワラハンミョウ
写真
外来植物種の駆除

自然を守る(生態系の多様性)

 「静岡県の守りたい自然」の一つである浜名湖の自然を守るため、湖岸清掃を毎年、マリン関連の社員などにより継続しています。

マリンクリーン活動in浜名湖を開催

 マリン関連の社員により、水上オートバイやボートなどを活用し、陸からは行けない湖岸へも上陸し、流れ着いたごみの回収などの清掃活動を毎年、継続開催しています。
 2018年の第10回活動で浜名湖1周清掃を達成し、今後2周目の清掃活動となります。

写真
マリン製品が活躍
写真
2か所の桟橋より参加者約100名

サンゴ礁の保全活動への取り組み

 約360種以上のサンゴが生息すると言われる沖縄県、近年環境の変化によりその種類や数を減らしていると言われています。これを危惧した地元では、サンゴ保全のための官民一体プロジェクト「チーム美らサンゴ」を発足。
 ヤマハ発動機は2007年からこれを支援。「地球環境と調和するモノづくりを推進し、美ら海を大切にする心を育てていきます」を合言葉に、植え付けや苗作りのボランティア参加や資金援助・普及活動を行っています。

写真
海中の活動記念モニュメント前にて

マングローブへの植林(タイ チョンブリー)

 タイのヤマハモーターパーツマニュファクチャリングタイ(YPMT)では、マングローブの植林活動に取り組んでいます。
 マングローブ林への植林活動による効果として、まずは、このエリアに住む生物の食糧源となること、次に津波や高波からの減災効果、CO2の吸収効果、そして豊かな自然の中にあり自然環境を学ぶこともできますし、地域住民や行政とのコミュニケーションの機会としても有効です。
 2012年にスタートしたマングローブへの植林活動は、毎年海岸沿いを計画的に実施しています。

写真
植林の様子
写真
行政とジョイント開催

青い海のためのビーチクリーン活動(ベトナム)

 ヤマハモーターベトナム(YMVN)では、2015年より青い海のためのビーチクリーン活動をビーチの中部北部と場所を変えながら継続しており、4年間累計2500名の参加となりました。
 参加者は、YMVNの役員、従業員とその家族により夏休みを利用して活動しており、恒例行事となっています。
 活動当日は、早朝よりビーチを歩きながら、ビンやプラスチック、ビニール袋などを集めます。
 この活動は、海岸の清掃効果だけでなく、地域住民や、観光客への地球環境保全活動の重要性を気づかせる効果もあり、会社の方針通り、社会活動を通して環境や地域社会へ貢献し感動を与えることで、次の環境活動の継続に向けた推進力となっています。

写真
ビーチクリーン活動の様子
写真
回収ゴミを適正処理

開発のための施設における希少種の保護等(与えた影響の最小化)

 自然環境に与えた影響を最小化するため、各テストコースにおいて自然を補うための取り組みを継続しています。

菊川テストコースにおける希少植物種の保護

 静岡県菊川市の二輪車用テストコースでは、着工前の2008年に、環境評価を1年間実施しました。コースの外周には、一定幅の既存植生の確保や新たな植林など、生物多様性に配慮しています。
 2013年からコースの運用が始まると同時に希少植物種などの保護活動を開始しました。

写真
株数を増やしたシラン(準絶滅危惧種)
写真
株数を増やし群生するタコノアシ(準絶滅危惧種)

施設の各所で自然保護活動を実施

写真
写真

トレールランド浜北では、絶滅危惧種のモリアオガエルの産卵を毎年モニタリングしています

自然の恵みを補う活動

 浜名湖の景観の一つである丘陵地の自然を補う活動として里山づくりの開催や磐田市の地下水涵養事業への参加で、自然からの恵みを理解し補う活動に取り組んでいます。

里山づくり

 ヤマハマリーナ浜名湖に隣接した浜名湖の景観の一部となっている丘陵地で、放置された竹薮を美しい竹林化と広葉樹林への竹の侵入を止めるための間伐などにより里山づくりの活動として、2015年から毎年春と秋に活動をしています。

写真
竹の間伐
写真
間伐竹で桟敷づくり

磐田市地下水涵養事業に参加

 磐田市の豊かな水源である市最北部の山林(財産区)への檜の植林や間伐作業に参加しています。

ページ
先頭へ