本文へ進みます

ボート

技術進歩だけでは
達成できない「ヤマハの技」

全10メートルを超える構造物の中でミリ単位の精度で 進められるボート作り。
この技術とこだわりが世界有数のヤマハボートを生み出す。

型成型・研磨

ボート作りの生命線となる「型」仕上げ

ボートは「型」の上にFRPマット・クロスを積層することで出来上がる。この「型」の精度が出来上がりの精度・見栄えに直結する。ミクロン単位のひずみも許されない「匠」にしか許されない高度な作業が求められる。...

ゲルコート吹き付け

熟練の「匠」の研ぎ澄まされた感覚

ボートの外観となるゲルコート吹き付けにはマニュアルには規定できない「感覚」が存在する。ボート製造工程の最も最初の工程には「絶対に失敗できない」重圧と創意工夫の日々の連続が待ち受けている。...

積層

ボートの骨格・筋肉・皮膚作り

ボートの構造は人体とよく似ている。背骨(キール)に接続した肋骨(フレーム)、それらの主要な骨の上に筋肉・皮膚(ハル)がありボートの強度や重量が決まってくる。ボートを知り尽くした「匠」には熟練の「医者」の鑑識眼が求められる。...

艤装

ボートに様々な機能を付加する

ハル(船体)が家の外壁だとすると、艤装は家に例えると、電線や配管を張り巡らし、キッチンや浴室などの水回りや家電を組み付けていく作業である。完成後のメンテナンス性なども計算し、お客様の「安全性」「使い易さ」を考えながらの細かい作業となる。...

完成検査

最後の砦を守る

出荷前の最後の工程では些細な不具合も見逃せない。 小さな気泡や塗装ムラはもとより、走行性能や水漏れなどの安全性確認は、この工程を最後にお客様に商品を届ける責任重大な工程だ。目・耳・触覚など、自身の5感全てを研ぎ澄ますことが要求される。...

ページ
先頭へ