本文へ進みます

1959年 YDS-1

展示コレクションの情報

(1959年/市販車)

YDS-1

YD-1と第2回浅間火山レースに参戦したYDレーサーを経て誕生した高性能スポーツモデル。20馬力の2ストローク・2気筒エンジンを鋼管クレードルフレームに搭載し、国産初の5段変速機、エンジン回転計を内蔵したコンビネーションメーターなどを装備、レース用キットパーツも豊富に用意され、オン・オフを問わずさまざまなレースカテゴリーで活躍した。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 1,990mm × 615mm × 950mm
  • 車両重量: 138kg
  • エンジン型式: 空冷, 2ストローク, 並列2気筒, 246cm³
  • 最高出力: 14.7kW(20.0PS)/ 7,500r/min
  • 最大トルク: 18.6N・m(1.9kgf・m)/ 6,000r/min
  • 販売価格(当時): ¥185,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ