本文へ進みます

1974年 YZR500(0W20)

展示コレクションの情報

(1974年/レースマシン)

YZR500(0W20)

1973年から投入されたヤマハ発動機初のGP500ファクトリーマシン。TD-3の250cc・2気筒エンジンを2つ繋ぎ合わせるという発想で開発さえた500cc・並列4気筒エンジン、ピストンリードバルブ吸気の採用、水冷化などによって優れた動力性能を実現。車体にはクロームモリブデン鋼管ダブルクレードルフレーム、前後ディスクブレーキが採用された。'73年の開幕戦フランスGPでデビューウィンを飾った(ライダーはヤーノ・サーリネン)。展示車両はモノクロスサスペンションを装備した'74年モデル。

  • エンジン型式: 水冷, 2ストローク, 並列4気筒, 494cm³
  • ピストンリードバルブ
  • トランスミッション: 6速
  • 最高出力: 58.8kW(80PS)/ 10,000r/min以上

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて公表時点のものです。

ご注意:展示車両のカラーリングは当時の事実に基づいて再現されたもので、たばこブランドが表示されている場合についても当該製品の拡販を意図するものではありません。また、ヤマハ発動機グループは喫煙に起因する健康上、その他の被害に関わる責任を負いません。

ページ
先頭へ