本文へ進みます

対象車両の照会

対象車両の照会システムについてのご案内です。

照会システムの使い方

照会システムの使い方

 リサイクルシステムの対象車両となっているか照合するためには、車両の「車台番号」の入力が必要になります。

(別ウィンドウで開きます)

照会結果の例

ヤマハ引取対象車両(リサイクルマーク付車両)です。

リサイクルマークが貼付されている車両は、再資源化するためのリサイクル費用がメーカー希望小売価格に含まれています。廃棄時に新たなリサイクル料金のご負担はありません。
なお、廃棄二輪車取扱店に収集・運搬を依頼する場合の収集運搬費用は別途お客様のご負担となります。

ヤマハ引取対象車両(リサイクルマーク無し車両)です。

2011年10月1日からは無料引取を行ないます。廃棄時にリサイクル料金のご負担はありません。なお、廃棄二輪車取扱店に収集・運搬を依頼する場合の収集運搬費用は別途お客様のご負担となります。

ヤマハ引取対象車両に該当しません。

下記のケースが考えられます。
1. 二輪車リサイクルシステムの引取対象の製品ではない

2. ヤマハ発動機の二輪車ではない
  →車両や書類でご確認のうえで該当する会社にご連絡ください。

3. ヤマハ発動機の二輪車ではあるが、輸入事業者によって販売されたもの
  →輸入事業者にお問い合わせください。

4. 車台番号の入力が間違っている

ページ
先頭へ