本文へ進みます

タイ

製品開発やモノ造り、サービス、安全運転の普及などの取り組みをご紹介します。

タイにおける事例


 サムットプラカーン県タイヤマハモーターの敷地内に教習施設「ヤマハライディングアカデミー」があります。
 設立当時、タイの二輪車交通事故件数は年間7万件以上。タイヤマハモーターでは、それ以前から二輪車の安全普及活動に取り組んでいましたが、2005年からは、年間40〜50回の安全運転講習と共に公式のテストを実施し、運転免許資格証を発行しています。これらの活動の質の向上と拡大を図るため2008年8月、当社グループにとって海外初となる教習施設「ヤマハライディングアカデミー」は設立されました。

タイ事例 画像

 免許取得前のお客様から購入後のべテランまで、また、スクーターから大型バイクまで様々な教習プログラムを提供しています。
 そのようなプログラムのひとつに、免許取得プログラムがあります。

タイ事例 画像
タイ事例 画像
タイ事例 画像

 ここでは、免許教習が提供されるだけでなく、タイ運輸局とオンラインで結ばれたシステムにより、お客様は、免許テストを受験することが出来ます。

タイ事例 画像
タイ事例 画像
タイ事例 画像

 施設の外においても、当ヤマハライディングアカデミーのインストラクターは、職業訓練校向けの安全運転普及活動や各種イベントにキッズバイク教室を実施するなど、様々な活動を展開しています。
 免許取得に関しては、特に地方において、ヤマハ販売店・タイ運輸局からの協力のもと、顧客へ向けた二輪免許取得サポート講習を実施しています。

タイ事例 画像
タイ事例 画像
ページ
先頭へ