本文へ進みます

1981年 XJ750A

展示コレクションの情報

(1981年/市販車)

XJ750A

高出力と省燃費に貢献するY.I.C.S.(ヤマハ・インダクション・コントロール・システム)を採用し、「スリム&コンパクトで操る楽しさ」を重視したXJ750Eに、メカニズムやデザイン性を織り込んだラグジュアリースポーツモデル。アップライトなライディングポジションと、スリムでシャープなイメージのボディデザインに、世界初のマイクロコンピュータ制御による集中警告モニター、急制動時に車体の前沈み減少を減少させるアンチノーズダイブ、モーターサイクル初のフォグランプなどが採用された。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,135mm × 860mm × 1,120mm
  • 車両重量: 218kg
  • エンジン型式: 空冷, 4ストローク, DOHC, 並列4気筒, 748cm³
  • 最高出力: 51.5kW(70.0PS)/ 9,000r/min
  • 最大トルク: 60.8N・m(6.2kgf・m)/ 7,000r/min
  • 販売価格(当時): ¥595,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ