本文へ進みます

1967年 TOYOTA 2000GT

展示コレクションの情報

(1967年/自動車・エンジン)

TOYOTA 2000GT

トヨタ自動車と共同開発・生産した日本のスポーツカーを代表する1台。エンジンは高級セダン、クラウンに搭載されていたOHC・直列6気筒エンジンをDOHC化、最高出力150馬力を誇った。足まわりにもレーシングカーの多くも採用するダブルウィッシュボーン式サスペンション、4輪ディスクブレーキ、マグネシウム製ホイールなどを採用、車体の一部にはFRP 成形技術を用いるなど、当時の最先端技術を総動員。1966 年にはスピードトライアルの国際記録に挑戦、3 種目で世界記録、13 種目で国際新記録を樹立、卓越した走行性能と流麗なフォルムで後世にその名を残した。月産8 台のペースで職人たちがハンドメイド、337 台(うち115 台を輸出)が世に送り出された。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 4,175mm × 1,600mm × 1,160mm
  • 重量: 1,120kg
  • エンジン型式: 水冷, 4ストローク, DOHC, 2バルブ, 直列6気筒, 1,988cm³
  • 最高出力: 110.3kW(150.0PS)/ 6,600r/min
  • 最大トルク: 176.5N・m(18.0kgf・m)/ 5,000r/min
  • 販売価格(当時): ¥2,380,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて公表時点のものです。

ページ
先頭へ