本文へ進みます

Wayne Rainey

ヤマハが過去に参戦してきたレースのライダー詳細をご覧いただけます。

  • SEASON
  • RIDERS
  • MACHINES
  • ARCHIVE
  • 年代順
  • アルファベット順
  • 歴代チャンピオン

Wayne Rainey ウェイン・レイニー

Wayne Rainey ウェイン・レイニー

アメリカ

アメリカ
Born: 1960年10月

'77年、ダートトラックでレースキャリアをスタートさせた彼は、K・ロバーツとF・スペンサーが激戦を展開した'83年、AMAスーパーバイクチャンピオン(ホンダ)を獲得。引退したばかりのロバーツから誘いを受け、'84年、世界GPフル参戦(250cc)を果たす。その後AMAスーパーバイクに戻り、'87年再びチャンピオン(カワサキ)を獲得したレイニーは、ついにチームロバーツでGP500のレギュラーシートを手に入れた。それから3年、彼はつねに冷静さを失わない洗練された速さと闘志あふれる強さを身に付け、AMA時代からのライバル、スズキのK・シュワンツと激しいタイトル争いを展開し、先行逃げ切りの“レイニーパターン”を確立。

90年から'92年まで500ccクラス3連覇を達成してロバーツと肩を並べたが、V4を目前にした'93年、突然のアクシデントによって選手生活にピリオドを打った。だがレースへの情熱は冷めやらず、翌年チーム監督として復帰。原田哲也、K・ロバーツJr、阿部典史らを走らせた。「最高のマシンを作ったから乗りなさい、ではない。ヤマハのスタッフと私は完全にひとつのチームとしてマシンを作り、レースを戦った。だから私たちは成功したのだ。ヤマハがレースを通して創り上げたのは、ヤマハの歴史そのものであり、私はその一部になれて幸せだった」

1990年シーズンのレイニー

1990年シーズンのレイニー

Racing career

YearClassResult & Pole positionMachine
1988 500cc 3位 PP: 1回 優勝1回 2位2回 3位4回 YZR500(0W98)
1989 500cc 2位 PP: 4回 優勝3回 2位4回 3位6回 YZR500(0WA8)
1990 500cc チャンピオン PP: 3回 優勝7回 2位5回 3位2回 YZR500(0WC1)
1991 500cc チャンピオン PP: 6回 優勝6回 2位4回 3位3回 YZR500(0WD3)
1992 500cc チャンピオン PP: 0回 優勝3回 2位4回 3位1回 YZR500(0WE0)
1993 500cc 2位 PP: 1回 優勝4回 2位3回 3位2回 YZR500(0WF2)

※ヤマハファクトリーチーム在籍年、ヤマハファクトリーマシンに乗車した年、ヤマハ市販マシンでランキング5位以内となった年の成績を紹介しています。
(世界GPまたは世界F750)

Gallery

  • 1991年シーズン

    1991年シーズン

  • 1991年シーズン

    1991年シーズン

  • 1991年シーズン

    1991年シーズン

  • 1992年シーズン

    1992年シーズン

  • 1992年シーズン

    1992年シーズン

  • 1992年シーズン

    1992年シーズン

Wallpaper

  • 1024 x 768
1280 x 1024
1680 x 1050
    • 1024x768
    • 1280x1024
    • 1680x1050

PAGE TOP

ページ
先頭へ