本文へ進みます

Phil Read

ヤマハが過去に参戦してきたレースのライダー詳細をご覧いただけます。

  • SEASON
  • RIDERS
  • MACHINES
  • ARCHIVE
  • 年代順
  • アルファベット順
  • 歴代チャンピオン

Phil Read フィル・リード

Phil Read フィル・リード

イギリス

イギリス
Born: 1939年

「三本角」のデザインが特徴的なヘルメットは、当時のライバルたちにとっては大きな脅威だったに違いない。それほどまでに彼は強いライダーだった。'61年、ノートンで世界GPに参戦を開始し、'63年の日本GPからヤマハに加入。2年目の翌'64年にはRD56で5勝を挙げ、みごと王座を射止めた。これが彼とヤマハ、お互い最初の世界タイトルである。「大満足だけど、燃え尽きたよ」とリード。世界制覇はそれほど大きな目標だった。

若手ライダーが伸びる時期と、ヤマハの技術力の飛躍の時期とが一致し、彼の時代は続く。250ccクラスでは'65年、'68年、'71年、125ccクラスでは'68年に王座に就き、ヤマハ時代の世界タイトルは5つを数えた。ところが一転、彼はその後、MVアグスタに移籍。'73年からYZR500を投入して世界GPに復帰したヤマハのJ・サーリネン、金谷秀夫、MVアグスタからヤマハへ移ったG・アゴスチーニを相手に戦って2度タイトルを奪い、自身の世界タイトル獲得数を7つに伸ばした。

1967年シーズン

1967年シーズン

Racing career

YearClassResult & Pole positionMachine
1963 250cc 10位 PP: 0回 優勝0回 2位0回 3位1回 RD56
1964 250cc チャンピオン PP: 0回 優勝5回 2位1回 3位1回 RD56
1964 125cc 8位 PP: 0回 優勝0回 2位1回 3位0回 RA97
1965 250cc チャンピオン PP: 0回 優勝7回 2位2回 3位0回 RD56 / RD05
1965 125cc 10位 PP: 0回 優勝1回 2位0回 3位0回 RA97
1966 350cc 8位 PP: 0回 優勝1回 2位0回 3位0回 RD05
1966 250cc 2位 PP: 0回 優勝0回 2位5回 3位1回 RD05
1966 125cc 4位 PP: 0回 優勝1回 2位1回 3位3回 RA97
1967 250cc 2位 PP: 0回 優勝4回 2位4回 3位0回 RD05A
1967 125cc 2位 PP: 0回 優勝2回 2位4回 3位0回 RA31
1968 250cc チャンピオン PP: 0回 優勝5回 2位2回 3位0回 RD05A
1968 125cc チャンピオン PP: 0回 優勝6回 2位2回 3位0回 RA31A
1971 250cc チャンピオン PP: 0回 優勝3回 2位1回 3位1回 TD-2

※ヤマハファクトリーチーム在籍年、ヤマハファクトリーマシンに乗車した年、ヤマハ市販マシンでランキング5位以内となった年の成績を紹介しています。
(世界GPまたは世界F750)

Gallery

  • #177, 1967年シーズン

    #177, 1967年シーズン

  • 1967年アルスターGP

    1967年アルスターGP

  • 1967年イタリアGP

    1967年イタリアGP

  • 1967年マン島TT

    1967年マン島TT

  • 1968年オランダGP

    1968年オランダGP

  • 1966年西ドイツGP

    1966年西ドイツGP

  • 1967年フランスGP

    1967年フランスGP

Wallpaper

  • 1024 x 768
1280 x 1024
    • 1024x768
    • 1280x1024

PAGE TOP

ページ
先頭へ