本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

All JAPAN MOTOCROSS CHAMPIONSHIP IA2 Jubilo Racing Team #41尾崎友哉&YZ250FM

全日本選手権参戦ライダーインタビュー「2007年シーズンに向けて」 2007年3月23日

他の選手のコメントを見る>>


今シーズンの目標は?


イメージ

 やはり自分はヤマハのライダーなので、YZをアピールできたらと思いますが、そのために最低でも表彰台に立つことが今年の目標です。そしてレースの内容も、何らかの収穫を得て自分が納得できるものにしていきたい。去年までは気持が最後まで続かなかったり、レース中に後ろばかりを気にして守りの体制になることが多かったと思います。だから今年の一言として「気迫」と書きましたが、これは接戦になった時、疲れた時に最後まで攻めるんだという気持を込めています。
 また今シーズンは、コンディションのケアに力を入れたいと思っています。昨年まではレース直前になっても、自分のなかでやり残した感があれば、それを解消するためにギリギリまで走っていました。そのために疲労を残したままレースに向かうこともありました。しかし今年はレースまでの一週間で調整し、レースでは100%のコンディションを作れるようにと考えています。

得意なコースは?

イメージ

 まずは名阪スポーツランド(4/7・8 9/8・9:第2・8戦近畿大会)です。基本的にはサンドのコースが好きだからと言うことはありますが、テクニカルな面とダイナミックな面があり、走っていて楽しいということも理由のひとつ。
 またわっさむサーキット(7/8:第6戦北海道大会)も得意なコースですね。実は硬いコースは好きではないんですが、2003年に国際A級125に参戦している時、自分の中でトップのライダーに絡んでいける手応えを掴んだサーキットなんです。このレースがあったから、今の自分があるというと大袈裟ですが、それくらい充実したレースをこのコースでできたんです。ただ、昨年はここで怪我をして、ランキング争いから一歩後退してしまったので、今年の結果次第で苦手になってしまうかもしれませんね(笑)。

趣味は?

 今年から新しく、マウンテンバイクでの山上りやダウンヒルをトレーニングに取り入れたのですが、これを含めて自転車が趣味と言えますね。特に今は子どもと一緒にサイクリングを楽しんでます。まだ2歳なんですが、しっかり乗れるのでそれぞれが1台に乗って出掛けます。
 とはいえまだまだ、子どもなので僕がダートでアクションをつけて走っているところを羨ましそうに見ていたりするんです。しかし最近は僕の真似をするようになり、その成長をみるのがひとつの楽しみになりました。やはり僕の血をひいているだけあって、なかなか飲み込みが早い(笑)。それにやはりアスファルトよりも土の上のほうが好きなようで、もう少し大きくなったら山にサイクリングにいきたいですね。そして将来は親子共通の趣味にしてさらに楽しんでいけたらと思っています。


ページ
先頭へ