本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

All JAPAN MOTOCROSS CHAMPIONSHIP IA1 Jubilo Racing Team #7釘村太一&YZ450FM

全日本選手権参戦ライダーインタビュー「2007年シーズンに向けて」 2007年3月23日

他の選手のコメントを見る>>


今シーズンの目標は?


イメージ

 表彰台やチャンピオンの獲得ということもありますが、毎戦会場にきてくれるモトクロスファンの方に、喜んでもらえ、興奮してもらえるようなレースをしたいというのが目標になりますね。そのためにというわけではありませんが、今シーズンはバイクに乗る回数を昨年に比べ倍くらいに増やしました。
 僕自身チャンピオンをとったことがないので、トレーニングや練習の方法にこれといったものがなく、毎年少しずつ変えながらシーズンオフを過ごしているんですが、今年は、シーズンに向けて良い感触を掴むことができました。マシンに乗る回数が増えた分、疲労は多くなりましたが、マシンを操ることに関してはあれこれ悩むこともないし、ミスしても対応力が高くなっているように感じています。
 それから気持ちの部分も変えようと考えています。昨年はレース後半に順位が安定したときは、守りのレースをしていたのですが、今年はどんな状況になっても最後まで「一歩先」を狙う積極的なレースをしたいと思います。是非期待していてください。

得意なコースは?

 名阪スポーツランド(4/7・8 9/8・9:第2・8戦近畿大会)と、藤沢スポーツランド(7/21・22:第7戦東北大会)です。藤沢はサンドであること、思いきってアクセルを開けられるというところが好きな理由。名阪は小さい頃から走っていたし、たくさんの知り合いが応援にきてくれるということで気持が高まるんです。
 ただ、基本的に僕は観客が多ければ多いほど燃えるタイプ。目標でも言ったことですが、プロのライダーとして、またモトクロスを盛り上げるため、多くのファンの方を楽しませたいと思っていますからね!

趣味は?

イメージ

 2年くらい前に始めたラジコンです。最初はバギーでオフロードを走らせていたのですが、ラジコン仲間にロードをやっている人がいて、その影響で転向したんです。ロードはスピードがでて楽しいのですが、マシンにお金を掛ければ掛けるだけ速くなる。そこがどうしても気に入らなくて、今はまたオフロードに変えました。オフロードの良いところは、やはり腕が必要なところ。それにオフロードのラジコンを操作して思ったのですが、ギャップへの入り方、ジャンプの飛び方など、意外とモトクロスの経験が役に立つし、モトクロスをしているようで楽しいんです。やはり僕は土の人間なんですね。
 ただ楽しいだけではなく、レースや練習等で疲れた時には本当に良い息抜きになるんで、これからも楽しんでいきたいと思います。


ページ
先頭へ