本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

All JAPAN MOTOCROSS CHAMPIONSHIP IA2 Team YZ #101小島太久摩&YZ250F

全日本選手権参戦ライダーインタビュー「2007年シーズンに向けて」 2007年3月23日

他の選手のコメントを見る>>


今シーズンの目標は?

イメージ

 昨年は怪我のためほとんどレースに出ていないので、怪我をしないように集中して全10戦20ヒートすべてを走り切ることです。それに自分の持っている力を出し切れば、自ずと結果はついてくるはず。自信を持ってシーズンを戦っていきたいと思います。
 ところで今シーズンは、あるチャレンジをしようと考えています。それはAMAモトクロスへのスポット参戦です。そのために前半戦で結果を出して、自信を持ってアメリカに乗り込みたい。トレーニングという考え方もありますが、僕としては結果にこだわってレースをしようと思っています。
 また今年はチームが変わりました。これも今までと違う環境に自分を置くという新たなチャレンジです。今までは自己管理のなかで、練習・トレーニングを行ってきたわけですが、新チームではチームメイトとともに、練習メニューに取組んでいかねばなりません。そこには自分が経験したことのないメニューがあったり、練習でありながら常に競争があったりと、新鮮さと慣れない中での戸惑いもありました。しかしいまではこの環境をポジティブに捉えているし、新たな成長の方法に出会えたと感謝しています。早くレースがしたい、そんな心境です。

得意なコースは?

イメージ

 良くも悪くも名阪スポーツランド(4/7・8 9/8・9:第2・8戦近畿大会)ですね。ここは、初表彰台、初勝利を挙げたコースということで好きになりました。ただ、ここで何度か怪我をしたこともあるので、「良くも悪くも」という表現になりますね。
 そしてHSR九州(6/9・10:第5戦九州大会)はヤマハに入って初めて表彰台に上がったコースなんですが、特に九州は、僕の乗り方に合っています。僕はアクセルを全開にするのではなく、微妙にコントロールしながら走るタイプです。九州は全開だと滑りやすく、自分の乗り方がコースコンディションにマッチするんですね。九州では是非僕のアクセルワークに注目してください。

趣味は?

 お笑いのDVDを鑑賞すること。もともとお笑い番組は好きなんですが、昨年怪我で入院していたとき、持て余した時間にお笑いのDVDを見たことがきっかけです。テレビで見るのも良いのですが、DVDだと未公開映像もありそれも楽しみのひとつですね。そういえばこのオフにトレーニングでアメリカにいっていた時もずっと見てましたね。
 お笑いの中でも僕はコントが好き、特に身体を張って笑いをとる芸風がお気に入りです。緻密な漫才よりも、勢いに乗ってスッとそのコントに吸い込まれるような、単純な方が好きですね。特にトレーニングや練習で疲れているときはなおさらです。


ページ
先頭へ