本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

全日本トライアル選手権 IAスーパー 成田匠&TYS250F 2006ランキング6位

来シーズンはトライアルの伝道師として新たな試みを計画中 2006年12月8日

他の選手のコメントを見る>>


イメージ

「スピードだけではないオートバイの魅力、トライアルの楽しさを伝えたい」と成田選手

 今年は、2ストから4ストマシンへの乗り換えが開幕までに間に合わず、その4ストTY250Fのテストの意味もあって、「スコティッシュ6日間トライアル」に参戦するなど、色々な苦労もありましたが、後半戦に向かってマシンも徐々に仕上がり、刺激的な一年でした。
 正直、ライバルとの差がわずかな中で頂点を競う全日本選手権で、途中からマシンを乗り換えたことは、予想以上に困難な出来事でした。ようやく安定して乗りこなせるようになったのが、残り3戦となった第6戦中国大会の頃からでしょうか。

 そして第7戦中部大会は、思い出深い一戦になりました。ヤマハから会場が近いこともあって、関係者の方もたくさん応援に駆けつけてくれましたし、この大会では、お客さんが観戦しやすい場所に、難しいスペシャルステージが用意されていたんですが、そのたくさんのファンの前で、自分のトライアルにかける思いを伝えるような、魅せる走りができたんです。二度と同じように走れないほどの出来でした(笑)。速さだけではないモータースポーツの魅力、人間がかなわない大自然を相手に挑むトライアルの醍醐味を見ていただけたと思います。

イメージ

自然の地形を活かしたセクションを走る競技だけに「やればやるほどトライアルの基本、自然との共存などについて考えさせられています」

 しかも、その走りは、自分がかつて先輩ライダーの華麗な走りに感銘を受け、そのイメージを吸収したい、トレースしたいと練習に励んだように、後輩のライダーに刺激を与えるような走りだったんじゃないかと…

 これまでにも、トライアルの楽しさを少しでも多くの人に伝えたいとの思いから、観客の方に喜んでいただけるようなレースでの魅せる走りはもちろん、フリートライアルXなどのデモンストレーションや、お客さんが見て楽しいコースを作るセクション・コーディネーターなど、色々な活動を続けてきました。来年は観戦してくださる人にはもちろん、次世代のライダー育成にも結びつくような、新しいことにチャレンジしたいと考えています。楽しみにしていてください。


ページ
先頭へ