本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

全日本モトクロス選手権 IA2 尾崎友哉&YZ250FM 2006ランキング5位

期待されるライダーになる 2006年12月8日

他の選手のコメントを見る>>


イメージ

序盤は連続表彰台獲得でチャンピオン争いを演じるも、北海道大会ヒート2の欠場から尾崎選手本来の、後半での追い上げが見られなかった

イメージ

IA2での優勝経験がないので、少しでも早く優勝したいという気持が、モチベーションではなく焦りとなってしまいました

 今年はランキング5位という結果で、ヤマハライダーのなかではトップの成績でしたが、他の3メーカーのライダーに負けてしまったことがなによりも悔しいですね。
 序盤戦は、優勝こそありませんでしたが、表彰台を確実に獲得することができ良いスタートが切れました。そして第4戦の関東大会ヒート2では、トップを独走しながら、エンストで順位を落とし、優勝のチャンスを逃してしまったんです。その後は、もしあの時に優勝できていたらと考えることが多くなり、優勝できないことが焦りへと変わっていきました。さらに、北海道大会ヒート2のアクシデントでノーポイントとなり、優勝争いからも一歩後退。まだまだチャンピオンを狙える状態だったにもかかわらず、モチベーションが落ちてしまったんです。
 後半戦ではスタートを決め上位でレースを展開するという得意なパターンを何度もつくることができました。しかし、ミスして簡単に順位を落としてしまったり、転倒したりと、集中力を欠いたレースを続けてしまい、本当に精神的な弱さが出てしまったと思います。

 今年は自分より上位に4人のライダーがいたわけですが、トップスピードで劣っていると感じています。今後は足りない部分を補っていくという努力は必要ですが、一方で、自分の長所である、後半で勝負できる体力や、粘り強さを磨いていかなければならないと感じています。やはり、今年チャンピオンをとった小島選手や熱田選手のように自分の勝ちパターンを持つことが優勝への近道だと思うし、精神的に安心できると思うんです。

 来シーズンはどんな状況でも、自分のスタイルを貫ける強い意志を持ってレースに臨みたいと思うし、いろいろなライダーが個性を出してレースをしているなかで、自分のキャラクターをしっかり持って、注目され、また期待される走りをしていきたいと思います。


ページ
先頭へ