本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

全日本モトクロス選手権 IA1 釘村太一&YZ450FM 2006ランキング7位

「来年こそ初優勝を」 2006年12月8日

他の選手のコメントを見る>>


イメージ

「ファンのみなさんが応援してくれるコーナーは、いつも以上に気合いが入りますね。コース全体が僕のファンだったら優勝できるかも(笑)」

 シーズン中に何度も発言したことですが、自分の持ち味であるホールショットを奪い、レースをリードする展開を作ることができなかったこと、そして、スタートで出遅れた場合でも、そこからポジションを上げられないレースが多く、全体として悔しさの残るシーズンでした。ランキング9位という結果についても同様で、自分の目標はあくまでもチャンピオンなので、やはり結果に満足することはできません。

 その中でも特に悔いが残るのは表彰台の獲得がないということです。やはりトップスピードが足りなかったというのが一番の原因だと思います。練習ではタイムは出ているのに、レースになるとその走りができないんです。転倒を心配している訳ではなく、右手(アクセル)は開いているけれど、身体がマシンの動きについてこず、結果的に疲れてペースが上がらないというレースが多かったですね。

イメージ
イメージ

グリッドの中で描くのはホールショットのイメージという釘村選手

 スタートに関しては、シーズン中、常にクラッチミートのタイミングや、アクセル開度などいろいろ試してきました。コースによっては良いときもあったし、全然ダメなときもあり、結果的に最終戦まで悩みっぱなしで答えを見つけることができませんでした。実は今になってその理由が少しずつ分かって来たので、来年のレースではリベンジしたいと思います。 やはり、自分はスタートを起点としてリズムを作っていくライダー。スタートが決まればトップスピードも連動して上がっていくんだと思います。

 僕にはレースで好成績をあげるという目標と、ヤマハのYZを進化させるというもうひとつの目標があります。これは毎レース、新しいことにトライしてきましたが、良い評価と今後に繋がる貴重なデータを収集することができました。
 今シーズンはいつにも増してレースの成績と同じくらい、マシンのことを考え、成績が悪かったら落ち込むように、マシンの評価に対しても、一喜一憂していましたね。レースの結果とマシンの進化を両立させることは簡単ではありませんが、何よりもマシンの進化を目の当たりできるということで、やりがいを感じることができました。

 全部で10戦ありましたが、どの会場にいっても、多くの方がジュビロのフラッグをコースで振って応援してくださる姿がありました。そいった方たちをみると、いいところを見てもらいたいし、また楽しんでもらいたいということで、自然と力をいただいたと思っています。1年間本当にありがとうございました。


ページ
先頭へ