本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

全日本モトクロス選手権 IA1 成田亮&YZ450FM 2006ランキング2位

来年こそチャンピオンに 2006年12月8日

他の選手のコメントを見る>>


イメージ

「YZ450FMはエンジン特性など自分のライディングにピッタリ。その力のおかげもあり前半は良い成績を挙げられた」と成田選手

 今シーズンはすべてが万全の状態で開幕を迎えましたが、その開幕で思うような結果をだすことができませんでした。しかしそのことが励みになって、2戦目からは調子良く走ることができました。ところが第5戦の北海道大会での怪我で事態は一変。この怪我は自分のミスから発生したもので、これはチャンピオン争いから後退しただけでなく、チームのイケイケだったムード、さらにその後のシリーズの流れも壊してしまったんです。

 北海道の次のレースから復帰し、上手くリカバリーできて、チャンピオン争いに踏みとどまることができたのですが、今思えば、マディコンディションで、身体へのショックも少なく、スピードもでなかったので、なんとか走ることができたんです。次の名阪では怪我の影響が表面化。怪我の回復を早めるために、走り込みを控えていたことで、モトクロスでもっとも重要な要素のひとつであるバランス感覚や、最後まで戦い抜く体力が予想以上に失われていたんです。結果ギャップやハイスピードなレース展開に対応できず惨敗でした。

イメージ
イメージ

シーズン中、幾度となくライバルたちとの息詰まるバトルを披露し、ファンにモトクロスの魅力を伝えた

 実は北海道の時が最も調子が良い頃でした。しかしそこに落とし穴があったといえます。心のどこかにスキができてしまったんですね。神様がそんな僕に試練を与え、その試練を自分自身がクリアできなかったから、チャンピオンになれなかったんでしょう。モトクロスに限らずあらゆる競技には相手があるものですが、もう一人の敵として自分自身がいて、その戦いに勝てなかったということです。

 今シーズンはチャンピオンになれなかったし、不甲斐ないレースもありましたが、全体としてはファンの方に喜んでもらえるレースができたのではないかと感じています。
 ライダーにはそれぞれ自分のライディングやレースに対しての考え方があると思いますが、僕は小さい頃からAMAを見て、AMAのライダーのようになることを夢見てモトクロスを続けてきました。そして今日本のトップライダーとなり、自分が幼かったころにもらった憧れや夢を与えていかねばならない立場にあります。だから、勝利だけを求めるのではなく、レースを通してモトクロスの魅力や感動を伝えたいという気持を持って走っています。

 今シーズンは、多くのファンが会場に来てくれて、多くの声援をいただき、全日本という過酷なレースを走るうえで大きな力になりました。来年は多くの感動と興奮が感じられるレースをし、かつチャンピオンを狙っていきますので、応援よろしくお願いします。


ページ
先頭へ