本文へ進みます

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

全日本モトクロス選手権 IA1 小池田猛&YZ250M 2006ランキング6位

ゼッケン1の重みを感じた1年 2006年12月8日

他の選手のコメントを見る>>


イメージ
イメージ

「来年はトレードマークだった2ストから4ストで挑戦します」と、すでに来季に向けて準備を進めている

 昨年チャンピオンを獲得し、当然ですが連覇を目標にシーズンを迎えたのですが、途中に怪我などのアクシデントがありランキングは6位。納得のいかないシーズンとなってしまいました。

  今年は過去全日本のチャンピオンになった経験を持ち、さらに世界で戦ってきた実力者である成田選手、熱田選手の2人が参戦しました。簡単に勝たせてくれるとは思っていませんでしたが、自分としては2人の間に割って入り、レースを、そしてランキング争いをおもしろくさせる走りをしないといけないという思いがありました。レースでは、序盤は成田選手、熱田選手に続くランキング3位につけていましたが、思っていた以上に苦戦を強いられ、徐々に焦りを感じるようになってきました。

 第5戦九州大会は、昨年に優勝したコースということで、優勝を狙いアグレッシブにいこうと考えていました。ヒート1を4位で終え迎えたヒート2、優勝に向けて好スタートきった1周目、ジャンプ中に他のライダーと接触し、そのまま怪我を負ってリタイヤとなってしまったんです。
 この怪我の後、一戦休むという決断もあったのですが、前半5戦を振り返ると休んでいられなかったし、出場すればやれるんじゃないかと、自分で自分の力に期待するというような心境だったんです。結果的には、情けないレースをファンの方に見せてしまうことになってしまいました。これは体調だけではなく、自分自身の精神的、技術的な力不足ですね。

イメージ

「毎年シーズンオフは太ってしまうんです(笑)」と苦笑いの小池田選手

 今年は念願のゼッケン1でレース参戦しましたが、気持良く感じる一方で、勝って当たり前、表彰台に立って当たり前というプレッシャーもありました。やはり、他のライダー達と戦うというだけでなく、このゼッケンに対する思いが強かっただけに、ゼッケン1と戦っていたということもあるかもしれません。
 来年は、このプレッシャーがなくなってしまうのは寂しいですが、もう一度チャンピオンを取りにいきたいという気持でいっぱいです。またマシンは、2ストから4ストに乗り換えて、気分を新たに1からのスタートとしたいと考えていますので、ぜひ期待していてください。


ページ
先頭へ