本文へ進みます

ヤマハ発動機株式会社 Revs Your Heart

サイト内検索

詳細本文

レース関連リリース以外のヤマハレース情報をご覧いただけます。

全日本ロードレース選手権 ST600 佐藤裕児&YZF-R6 2006ランキング10位

プロライダーの自覚が芽生えた一年 2006年12月8日

他の選手のコメントを見る>>


イメージ

「セッティングやライン取りなど、いろいろ考えながら走るようになった」と佐藤選手

 ジュビロレーシング発足一年目、またマシンをTZ250から、YZF-R6へ乗り換えてST600クラスへステップアップした今年。本当に右も左も分からない状態でシーズンに入ってしまいました。ファンのみなさんの応援と、藤原儀彦監督をはじめとするチームからの大きなバックアップがあっただけに、シーズン序盤は結果が出ず、苦しいというか… 情けないというか… とにかく自分の無力さを感じました。

 変化があったのは、第4戦後のインターバルを経てからです。この期間は、前半の悔しさをバネにテストとトレーニングに明け暮れました。そのなかで大きかったのが藤原監督の存在です。テストではピットアウトからピットインまで平行して走ってもらい、走行の後にはコメントをいただいて、少しずつR6での走り方を覚え、バイクとは? レースとは? プロライダーとは? とにかく様々なことを叩き込んでいただきました。
 こうして後半一発目のSUGOでは、技術、精神ともにレベルを上げて臨むことができました。結果は14位に終わりましたが、自分が成長したという手応えを掴んだのもこのときです。

イメージ
イメージ

「後半は藤原さんが監督業に専念したので、大崎選手が新しい目標でした。多くの先輩たちに支えられて幸せ者ですね」

 そして迎えた岡山で今季最高の4位を獲得。このときは予選から調子が良く、グリッドは2列目。ワクワクした気持ちと、「どこまで出来るんだろう?」という不安な気持ちを抱えた状態でスタートを待ちました。そのスタートはなんと3番手! 舞い上がってしまうかと思いましたが、意外と冷静で、テストでは得られない駆け引きや、テクニックを学ぶことができました。と同時に極限の中で戦う楽しさを知りましたね。

 後半戦は一桁フィニッシュを続けることができましたが、これで満足しているわけではありません。来シーズン開幕までの約5ヵ月で、さらに速くなるにはどうしたら良いかを考えながら、トレーニング、テストをこなしたいと思います。なぜなら来シーズンは今後の自分の運命を決めるくらい大事なものだと感じているからです。

 今年は多くのファンの方に応援をいただき、プロという自覚が芽生えたし、辛い時期を乗り越えることができました。来年は今年以上に成長した姿を見せられるように頑張りますので、引き続き応援をお願いします。


ページ
先頭へ