ヤマハ発動機の技と術

人機官能

ヤマハ発動機には「人機官能」という
独自の開発思想があります。

「人機官能」とは、「人」と「機械」を
高い次元で一体化させることにより、
「人」の悦び・興奮をつくりだす技術です。

そのような官能性能を定量化しながらつくり込み、
それを製品に織り合わせていく、
ヤマハのモノ創りの太い骨格です。
この開発スタイルは、あらゆる現場で貫かれています。

人機官能の定義 「人機一体感の中に生まれる悦びや興奮、快感を感じる情動。
開発においては、それを技術的に定量化して性能に織り込むこと。」

人機官能 確率に至る背景

人機官能 確率後(東京モーターショーにおける発表・展示)