本文へ進みます

最大馬力の船外機 「F450A」 を北米市場で発売〜トルクとパワー、利便性、快適性がさらに向上〜

2023年1月20日発表

 ヤマハ発動機株式会社は、450馬力の船外機「F450A/FL450A*」を開発し、2023年春から北米市場で発売します。

 当社の船外機ラインナップの中で最大馬力となる「F450A/FL450A」は、従来の「F425A」に搭載され、市場から高い評価を得ているV型8気筒、排気量5,559cm³のエンジンをベースに新設計。卓越したパワーとトルクを実現します。同時に、新たな充電システムによる優れた電力供給能力、独自の新機能「TotalTilt®」によるチルト機構の操作性向上など、利便性と快適性を追求しています。

 「F450A/FL450A」は、北米市場での発売以降、欧州、オーストラリアなどの主要市場において、順次発売する予定です。

 * FL450A はプロペラ左回転のカウンターローテーション仕様のモデルです。

「F450A」


【開発背景】

 世界の船外機市場は、主要市場である北米を中心に依然として堅調に推移しています。特に北米市場では、ボートユーザーの大型志向に伴い、大型船外機の需要が高まっています。近年では、スピード性能と燃料経済性、メンテナンス性に優れ、さらに船内スペースが広く確保でき、ボートデザインの自由度を高めることのできる船外機が、30フィートを超える大型ボートの推進器として採用されるケースが増加。また、ユーザーは、ボートのサイズや使用目的に合わせ、これらの大型船外機を複数基搭載することで、ボートのパワーや加速性能を高めています。「F450A」はこうした北米の市場動向、ニーズに応えて開発したもので、従来の最大馬力モデル「F425A」のパワーを上回るばかりでなく、ユーザビリティをさらに追求し、より完成度の高い洗練された大型船外機として発売するものです。



【主な特長】

●卓越したパワーとトルクを発揮
V型8気筒、排気量5,559cm³のエンジンを採用。シリーズ最高のパワーとトルクを発揮します。

●発電能力の大幅な向上
位相角制御コンポーネントを採用した3 相同時充電システムにより、低回転域での発電能力を大幅に向上。アイドル時においても、最大96アンペアを生成します。複数の多様な電子機器を安心して使用できる電力を供給します。

●チルト機構の操作性を向上
より簡単に船外機のチルト操作ができる「TotalTilt®」機能を装備。操作開始時、操作中はアラート音を発し、安全性を高めています。

●充実したプロペラ・オプション
プロペラキャビテーションの影響を解消するため、水をより長く保持できるように特別に設計されたブレードを持つプロペラを新規設定しました。

●新たな外観デザイン
F425Aの個性的でダイナミックなフォルムを継承しながら、側面の立体的なクロムエンブレムを採用し、背面パネルのデザインをアップデートしました。プレミアム船外機に相応しい、高級感と洗練されたデザインに仕上げました。

●従来最大馬力モデル「F425A」の技術を継承
スムーズでスピーディなステアリング操作を提供する内蔵型電動ステアリングを搭載。また、燃料を高精度に各燃焼室に直接噴霧するダイレクトフューエルインジェクション/高負荷運転に対応する高強度のギアケースやブラケット、カムシャフトなど/プラズマ溶射技術によって成形したスリーブレスシリンダー、イリジウム・スパークプラグの採用などF425Aとも同様の新技術を採用し、信頼性、耐久性を継承しています。


ページ
先頭へ