本文へ進みます

二輪車用ステアリングサポートシステムを開発 ~全日本モトクロス選手権にElectric Power Steering (EPS) 搭載車が参戦~

2022年3月24日発表

 ヤマハ発動機株式会社は、二輪車の安定性に寄与し、軽快性の向上に貢献する新たなライダー支援技術、ステアリングサポートシステム「Electric Power Steering(EPS)」を開発しました。また、研究・開発を一層加速させるため、2022年全日本モトクロス選手権シリーズにEPS搭載車を投入します。

 新開発のEPSは、長期ビジョン「ART for Human Possibilities」で掲げる“Transforming Mobility(モビリティに変革をもたらし、人々の可能性を拡張する)”の領域に関わる技術です。「より楽しく、安心・快適」にモビリティを変革し、当社らしい社会課題の解決に結びつける技術として開発を進めています。

 EPSは、四輪車のパワーステアリングとは異なるセンシング技術を用いたステアリングサポートシステムです。磁歪式トルクセンサーによるステアダンパー機能とステアアシスト機能で、二輪車の安定性に寄与し、軽快性の向上やライダーの疲労軽減等に貢献します。

 当社では、「より楽しく、安心・快適」なモーターサイクルライフを幅広いお客様に提供するため、さまざまな二輪車製品への展開・装備を目指しています。

 研究・開発のステージとなる全日本モトクロス選手権には、EPSを搭載した「YZ450FM」と「YZ250F」がYAMAHA FACTORY RACING TEAMから出場します。モトクロス競技のトップカテゴリーならではの過酷な使用環境の中で、開発を加速するための各種データを取得する計画です。

ステアリングサポートシステム Electric Power Steering(EPS)
ステアリングサポートシステム Electric Power Steering(EPS)

Electric Power Steering(EPS)の主な特長

磁歪式トルクセンサーを採用

 トルクの検出には、電動アシスト自転車で実績のある磁歪式トルクセンサーを採用。路面の変化などによって発生するハンドルへの外乱を整え、主に高速走行時に機能するステアダンパーと、ライダーの意図に合わせてステアリング操作を補い、主に低速走行時に機能するステアアシストの2つの機能によって、ライダーにとって自然な制御を実現します。









小型・軽量のアクチュエーターを開発

 さまざまな二輪車製品への展開・装備を見据えて、小型・軽量のアクチュエーター(電気信号を物理的運動に変換する駆動装置)を開発。

ページ
先頭へ