本文へ進みます

電動トライアルバイク 「TY-E 2.0」 を開発 ~カーボンニュートラルの実現に 「楽しさ」 でアプローチ。世界選手権参戦も計画~

2022年3月24日発表

 ヤマハ発動機株式会社は、カーボンニュートラルの実現に「楽しさ」でアプローチする電動トライアルバイク「TY-E 2.0」を開発しました。当社は、2022年FIM(国際モーターサイクリズム連盟)トライアル世界選手権に「TY-E 2.0」でのスポット参戦を計画しています。

 当社は2021年に、2018年に策定した「環境計画2050」を見直し、2050年までに事業活動を含む製品ライフサイクル全体のカーボンニュートラルを目指す目標を新たに設定しました。

 「TY-E 2.0」の開発は、当社らしいカーボンニュートラルの実現に向けたアプローチの一つとして取り組むプロジェクトです。開発コンセプトに「FUN×EV」を掲げ、EVならではの力強い低速トルクや加速性能などの魅力を活かして“内燃機関を上回る楽しさ”を目指しています。

 「TY-E 2.0」は、2018年に発表した初代「TY-E」をベースに開発を進め、新設計のコンポジット(積層材)モノコックフレームに、メカニズムと制御の組み合わせで性能を向上した電動モーターパワーユニット、前モデル比で約2.5倍の容量を持つ新開発の軽量バッテリーを搭載しています。

 同モデルは、今年6月以降、FIMトライアル世界選手権への参戦を計画し、開発ライダーも務める黒山健一選手(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)の出場を予定しています。なお、3月25~27日に開催される「第49回東京モーターサイクルショー」に展示予定です。

電動トライアルバイク「TY-E 2.0」
電動トライアルバイク「TY-E 2.0」

「TY-E 2.0」の主な特長

積層材によるモノコックフレームを採用

 軽量化や剛性の最適化に貢献するコンポジット(積層材)モノコックフレームを採用。パワーユニットやバッテリーのレイアウトを見直し、前モデルとの比較で大幅な低重心化を達成しました。


前モデル比で容量約2.5倍。新開発の軽量バッテリーを搭載

 高出力密度の大容量バッテリーを新開発。前モデル比で約2.5倍の容量を達成しながら、重量は約20%増に抑えています。

メカニズムと制御の組み合わせでパワーユニットを熟成

 前モデルをベースに、クラッチやフライホイールなどのメカニズムと、微妙なグリップの変化を読み取る電動モーター制御の組み合わせでトラクション性能を向上。


「TY-E 2.0」 仕様諸元

全長×全幅×全高 2,003mm×830mm×1,130mm
軸間距離 1,310mm
最低地上高 340mm
車両重量 70㎏以上
原動機種類 交流同期電動機
駆動用バッテリー種類 リチウムイオン電池
クラッチ形式 油圧, 湿式, 多板
フレーム形式 CFRPモノコック

「TY-E 2.0」 フィーチャーマップ

「TY-E 2.0」 フィーチャーマップ
ページ
先頭へ