本文へ進みます

フルモデルチェンジで低価格を実現 ヤマハ『ニュー・パス コンパクト』 『ニュー・パス コンパクトデラックス』新発売

1997年11月04日発表

 ヤマハ発動機(株)は、乗り降りや取り回しの良さで好評の20インチモデル「パス コンパクト」についてフルモデルチェンジを行い、「ニュー・パス」(’97年1月発売モデル)と同様の小型軽量高効率出力の新ユニットを搭載した「ニュー・パス コンパクト」及びデラックスタイプの「ニュー・パス コンパクトデラックス」を’98年1月22日より発売します。

 1)充電時間の短縮(2.8時間)、2)自動点灯ランプ及びバックレスト付きサドル採用(デラックスタイプのみ)などが特徴です。なお、本モデルはブリヂストンサイクル(株)との共同開発によるものです。

 本モデルの発売により、「ヤマハ・パス」シリーズは全6タイプ9機種のラインナップとなります。


ヤマハ『ニュー・パス コンパクト』

名称

ヤマハ『ニュー・パス コンパクト』
ヤマハ『ニュー・パス コンパクトデラックス』

発売日

'97年1月22日

カラーリング

■「ニュー・パス コンパクト」
ミストブルーメタリック(ブルー)、
ダークパープリッシュレッドメタリック8(レッド)
■「ニュー・パス コンパクトデラックス」
ラベンダーシルバー(ラベンダー)

販売計画

15,000台
(『ニュー・パス コンパクト』『ニュー・パス コンパクトデラックス』
年間、国内合計)



商品の概要

 新発売の『ニュー・パス コンパクト』『ニュー・パス コンパクトデラックス』は、軽さやコンパクトさで特に女性や高齢者、小柄な方を中心に人気を博している『パス コンパクト』の後継モデルで、装備充実による扱い易さ向上を果たしました。
 これまで「ニューパス」に採用され好評を得ている軽量・小型で高効率出力なニューパワーユニットを新たに搭載し、航続距離の延長と、車体重量の軽減を実現。また、低床U型ワイドフレームや725mmという低サドル高により乗降性を向上させるとともに、ロングホイールベース設計によってコンパクトなボディながら高い直進走行安定性を確保しました。さらに「デラックス」タイプでは、自動で点灯するヘッドランプやバックレスト付サドルを採用するなど、より被視認性や快適性を実現しました。



主な特徴

軽量・小型で高効率出力な新パワーユニットを採用

 軽量・コンパクトで高効率出力の新パワーユニットを搭載。これにより一充電での航続距離は、ヤマハパターンで27km、平坦路で37km(従来の『パス コンパクト』では、ヤマハパターンで20km、平坦路で27km)と大きく向上しました。


乗り降りが楽な低床U型ワイドフレーム&低いサドル高

 ハンドルとサドル間のスペースを低く幅広くとった低床U型ワイドフレームを採用。足のひっかかりを気にせずに、より楽にフレームを跨ぐことができます。また最低サドル高を現行の『パス コンパクト』よりも5mm低くすることで(725~890mm)、より優れた乗降性を実現しました。


見やすくて扱いやすいバッテリー残量ランプ付キーレススイッチ

 一体型のメインスイッチ&残量ランプをハンドルポスト中央部に配置することで、視線や手先を大きくズラさずに確認や操作ができ、使いやすさが大きく向上しました。


充電時間が約2.8時間に短縮

 充電器を従来よりさらに短い約2.8時間スピード充電とすることで、充電時の手間が大きく軽減されるよう配慮しました(従来の充電時間は3.5時間)


快適な着座姿勢が保てるバックレスト付サドル&新形状のハンドル(デラックスのみ)

 新採用のバックレスト付サドルが、ペダルを強く踏み込む際に生じる腰のズレを防止。また新形状のハンドルと併せて腕や肩の力みを軽減し、上半身のリラックスした乗車姿勢を実現するとともに、発進時やちょっとした坂道において、より踏み込みやすく軽快なペダリングを可能としました。


自動点灯式PASオートランプ&自動点滅式LEDテールランプ(リフレクター付)(デラックスのみ)

 自動点灯式PASオートランプは、パスバッテリーを電源とし、内蔵センサーによって暗くなったら自動的にランプが点灯するシステムを採用。バッテリーを電源としているので、点灯時にもペダリングが重くならず、快適性が飛躍的に向上するとともに、スピードの高低に左右されずに明るい視界を確保しています。また、赤く点滅するリアLEDテールランプと併せ、夜間走行時の被視認性向上に貢献。なお、ヘッドランプには従来よりも明るい強力10wハロゲン球を採用しています。(『ニュー・パス コンパクト』/ヘッドランプ:ダイナモ式、テール:リフレクターを標準装備)。


利便性・扱い易さの向上

(1)低速でもふらつきが生じにくいロングホイールベース設計
(2)現行モデルより2kg軽くなった26kgの車体重量(「デラックスタイプ」は28kg)
(3)買い物に便利なフロントバスケット&リアキャリアを標準装備
(『ニュー・パス コンパクト』/リアキャリアはオプション)



ヤマハ『ニュー・パス コンパクト』諸元表


 

ニュー・パスコンパクト
(ニュー・パスコンパクトデラックス)

寸   法

全長

1615mm

全幅

585mm(580mm)

サドル高

725-890mm

軸間距離

1070mm

タイヤサイズ

20×1.75

車両重量

26kg(28kg)

性   能

補助速度範囲
(変速機「速」)

比例補助

0-14km/h未満

逓減補助

14-22.5km/h未満

一充電航続距離

ヤマハパターン※

27km

平坦路

37km

原 動 機

形式

直流ブラシ式

定格出力

235W

補助力制御方式

踏力比例制御式

蓄 電 池

形式

ニカド電池

電圧/容量

1.2V×20/5AH

充電器  リフレッシュ機能/充電時間

有り/約2.8時間

駆動方式

チェーン式

照明装置ダイナモ式

ダイナモ式
(バッテリー式前照灯「PASオートランプ」)


※ヤマハパターンで走行した場合。
バッテリー新品、常温25℃、車載重量(乗員および荷物を合計した重量)56kg、無灯火。

ヤマハパターン:3kmの平坦地の途中に勾配2度の登り坂(1km)と下り坂(1km)を含む全長5kmの標準走行路を設定し、平坦路(速)15km/h、登り坂(平)10km/h、下り坂(速)20km/hで走行した時のテストデータ。



メーカー希望小売価格

『ニュー・パス コンパクト』
『ニュー・パス コンパクトデラックス』
リフレッシュ機能付き専用充電器
『パスチャージャー』

87,800円
97,800円
12,000円

(車両本体価格。消費税は含みません)


ページ
先頭へ