本文へ進みます

イベントのご案内

コミュニケーションプラザが開催するイベントについてのお知らせ

音楽で地域を盛り上げよう!「たくさんのオトに触れる演奏会」開催

ザ・トロンボーンカルテット

UNDERGROUND Saxophone Quartet

ジャンルや世代を超え、音楽で地域コミュニケーションを活性化しようというイベント「たくさんのオトに触れる演奏会」を、5月28日(日)、1階・プレゼンテーションルームで開催します。出演するのは、学校の音楽クラブや企業の音楽サークル、個人で活動する市民グループなど、磐田市や近隣地域在住のミュージシャン10組。ぜひご家族や友人をお誘い合わせのうえご来場ください。ご観覧は無料です。

日時

5月28日(日) 11:00~16:00

内容

10グループによる、さまざまなジャンルの音楽

出演

浜松与進中学校、マッチャヅケII、浜松ウインドオーケストラmini、磐田南高校Lucky Chaps、磐田南高校BBB、UNDERGROUND Saxophone Quartet、静岡産業大学アカペラ部、Occhi、ゴスペルサークルごす、ザ・トロンボーンカルテット(出演順)

会場 1階・プレゼンテーションルーム

小・中学生対象の「エンジン分解組立教室」を開催

本物のエンジンによる分解・組立の体験教室を、5月28日(日)、1階・体験学習コーナーで開催します。参加費無料、事前申込み不要の当日受付けですので、お気軽にご参加ください。

内容

本物の単気筒エンジン(カート用・100㏄・2ストローク)を、実際の工具を使って分解し、組み立てる体験教室です。

開催日時

5月28日(日) 10:00~12:00、13:00~15:00

所要時間

60分前後/1名

参加受付

当日、上記時間内に会場で順次受付けを行い、先着順に進行します。
※先の受講者が終了するまで、お待ちいただく場合があります。

対象 小・中学生と保護者。中学生は一人でも参加いただけます。
服装 普段着でけっこうですが、ハイヒール、サンダル、下駄などの履き物はご遠慮ください。
会場 1階・体験学習コーナー

世界最高峰のGPレースマシンを体感!「タッチ&ライド」コーナー

二人乗りして記念撮影できる「YZR500」

Movistar YAMAHAのライダーと写真が撮れる「YZR-M1」

ヤマハ創立当初から続くレース活動の歴史を紹介している2階フロアに、ロードレース世界最高峰クラスの興奮を、新旧2台のマシンに触ってまたがって体感できる(限定:毎月第2・第4土曜日と翌日曜日)コーナーを新設しました。
1台は、まもなく開幕するMotoGPシリーズ用マシン「YZR-M1」(2015年モデル)で、Movistar YAMAHAチームのライダー、バレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスの等身大カットアウトも一緒に展示します。もう1台は、初代モデルから30年にわたって活躍した「YZR500」の2001年モデルで、リアシートを追加した二人乗り仕様です。
このほか、記念写真で定番の顔出しカットアウト(ロッシとビニャーレス)も設置しました(常時利用できます)。合わせてお楽しみください。

GPレースマシン「タッチ&ライド」コーナー
場所 2階・レースの歴史ゾーン
車両 YZR-M1、YZR500(二人乗り仕様)
実施日 毎月第2・第4土曜日と翌日曜日
ご注意 ・上記以外の開館日は展示だけで、体感乗車はできません。
・上記2台以外の展示車には、手を触れないでください。
・説明員の指示に従い、安全に楽しくご利用ください。

幻のGPスーパーカー「OX99-11」特別展示は6月15日まで

昨年11月、静岡県袋井市のヤマハテストコースで開催した「歴史車両走行会見学会」に登場。V型12気筒・F1エンジンの魅惑的なサウンドを響かせてさっそうと走行する姿を披露した「OX99-11」が、コミュニケーションプラザに帰ってきました! 場所は1階・シンボルゾーン。おなじみのレッドと、館内展示では初めてとなるグリーンの2台をそろえて展示しています。
6月16日以降は、「TOYOTA 2000GT」「LEXUS LFA」に入替えとなります。あらかじめご了承ください。

二輪・四輪合わせて39台がデモ走行した2016「歴史車両走行会見学会」のレポートはこちら

ページ
先頭へ