本文へ進みます

詳細本文

ヤマハ発動機のレースに関する広報発表資料をご紹介します。

ヤマハVR46 マスターキャンプ 第8回は9月開催 4ヵ国5名の参加者が確定、初参加はフィリピン

2019年8月9日

image

 ヤマハ発動機株式会社は、2019年9月4日から5日間にわたりイタリアにおいて、Monster Energy Yamaha MotoGP のライダー、バレンティーノ・ロッシ選手が主宰するVR46 Riders Academy と共に若手ライダー育成プログラム「ヤマハVR46 マスターキャンプ」を開催します。当プログラムへの参加によって経験を積むことにより、知識・スキル・モチベーションの向上を図ります。

 5月に続き今年2度目の開催は通算において8回目となり、タイ2名、マレーシア1名、カナダ1名に加えて、参加延べ15か国目となるフィリピンからライダーを招集します。
 「ヤマハVR46 マスターキャンプ」は、ロッシ選手のホームタウン、タヴィリアにある自身の施設「モーターランチ」やMotoGPが開催されるミサノワールドサーキットマルコシモンチェリなどにおいてVR46 Riders Academy 出身のGPライダーなどをインストラクターに招き様々なカリキュラムに基づいたトレーニングを実施します。

 当社は世界へ羽ばたくライダーの発掘・育成を目的に、2015年よりステップアップのための環境整備を進め、「ヤマハVR46 マスターキャンプ」はその一環として2016年にスタート。これまでに7回のトレーニングを実施し、日本、インドネシア、タイ、マレーシア、オランダ、フランス、フィンランド、ウクライナ、イタリア、スペイン、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリアの計14ヵ国から、YZF-R25やR3でレースに参戦している10代の若者を中心に、女性1名を含む37名が参加しました。
 過去の参加者においては、参戦中のレースにおける成績向上、年間参戦レースカテゴリーのステップアップなどの成果も見られ、スーパースポーツ300世界選手権、CEVヨーロッパ選手権Moto2、アジアロードレース選手権で活躍するライダーも少なくなく今後さらなる飛躍が期待されています。    



「ヤマハVR46 マスターキャンプ」の活動は、特設サイトにてご覧いただけます。





リン・ジャービス談(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)
「今年2回目となるヤマハVR46マスターキャンプの開催が決定し、非常にうれしく思います。プロジェクト発足からすでに8回目を数えます。VR46本社のロッシ選手のオフィスでヤマハVR46マスターキャンプのプランが生まれた瞬間にも私は立ち会っていました。ヤマハ発動機株式会社、ヤマハ・モーター・レーシング、VR46 Riders Academyによるコラボレーションは、ヤマハの若き才能たちに専門的なサポートを行うことによって、彼らが次のステップへ進むための技術や知識を身につけてもらうことを目標として誕生しました。そして回を重ねるたびに見直しを加えながら、若いライダーたちのニーズにより合うものへと改良してきました。
これまでにオーストラリア、ブラジル、カナダ、フィンランド、フランス、インドネシア、イタリア、日本、マレーシア、オランダ、タイ、ウクライナ、アメリカ、スペインの14ヵ国から合計37人のライダーが参加。そして今回、新たにフィリピンからマッキンリー・カイル・パスを迎えることとなり、うれしく思っています。
新しいライダーたちがVR46 Riders Academyのライダーたちとともにトレーニングを楽しみながら、卒業生のケミン・クボ、ガラン・ヘンドラ、トーマス・カサスらと同様に、レベルアップのために不可欠なモチベーションをさらに高めてくれることを期待しています」


バレンティーノ・ロッシ選手談(Monster Energy Yamaha MotoGP)
「第8回マスターキャンプが近づいてきました! これまで参加したライダーや、この活動を支援してくれる様々な分野の専門家たちの意見を取り入れて、前回からプログラムの内容を変更しました。その結果、前回のキャンプはこれまでで最も成功したものになったと思っています。そしてこのことが、私だけでなくVR46のライダーたち、マスターキャンプのスタッフたちにも、より一層のモチベーションを与えてくれたのです。今回参加するライダーたちについては非常によい評判を聞いているので、彼らに会うことがとても楽しみです。私たちは心をこめて、彼らにハードワークを促します。彼らは毎日、とても疲れてしまうでしょう。でもプログラムはたくさんの楽しみであふれているので、すべての時間をエンジョイしてくれると思います。
若いライダーたちがキャリアのなかで高みを目指すためには、オンロード、オフロード両方の訓練が非常に重要です。VR46 Riders Academyがすべてのセッションでライダーたちを導いていきます。彼らが自分自身を限界までプッシュしてくれることを期待し、プログラム終了後には確かな成長を見たいと思っています」

第8回「ヤマハVR46マスターキャンプ」参加ライダー

ジェイク・レクレアー
Jake LeClair

プロフィール
国籍 カナダ
年齢 18歳(2001年生まれ)
主な成績
2018年 CSBK Amateur Lightweight Sport Bike Championチャンピオン
2019年 CSBK Amateur Sport Bike

マッキンリー・カイル・パス
Mckinley Kyle Paz

プロフィール
国籍 フィリピン
年齢 18歳(2001年生まれ)
主な成績
2018年 Asia Road Racing Championship UB150ランキング16位
2019年 Asia Road Racing Championship UB150

ムハンマド・アリフ・アシャラフ・ビン・タヒルディン
Muhammad Alif Ashraf Bin Tahiruddin

プロフィール
国籍 マレーシア
年齢 16歳(2002年生まれ)
主な成績
2018年 PETRONAS AAM Malaysian Cub Prix WIRA ランキング3位
2018年 Malaysian Superbike Championship Open 250ランキング8位
2019年 PETRONAS Malaysian Cub Prix Championship CP115
2019年 Malaysian Superbike Championship Open 250

サワポル・ニンラポン
Sawapol Nilapong

プロフィール
国籍 タイ
年齢 16歳(2003年生まれ)
主な成績
2018年 Yamaha R3 Thailand Challenge U16チャンピオン
2018年 Yamaha R15 Thailand challenge ランキング2位
2019年 Asia Road Racing Championship AP250

スッティパット・パッチャリート
Suttipat Patchareetorn

プロフィール
国籍 タイ
年齢 18歳(2001年生まれ)
主な成績
2018年 Yamaha R3 Thailand Challenge U20 ランキング3位
2018年 R2M Open 200 Division 1 チャンピオン
2019年 Asia Road Racing Championship AP250
ページ
先頭へ