本文へ進みます

1992年

ヤマハが1992年に参戦したレースのアーカイブをご覧いただけます。

  • SEASON
  • RIDERS
  • MACHINES
  • ARCHIVE
  • 1960-1969
  • 1970-1979
  • 1980-1989
  • 1990-1999
  • 2000-2010

1992年500ccエンジンのリースが本格始動

M・ドゥーハンとの接戦を制しタイトルを獲得したW・レイニー
M・ドゥーハンとの接戦を制しタイトルを獲得したW・レイニー

500cc

レイニーが3年連続チャンピオン獲得

最終戦でV3を決めたW・レイニー
最終戦でV3を決めたW・レイニー

500ccの呼称は「GP1」と改定され全13戦の開催。得点計算は全ポイント加算方式に戻った。ヤマハは3台のファクトリーYZR500を投入。この中でマールボロヤマハチームロバーツのW・レイニーは3年連続チャンピオンを獲得。シーズン中盤まで優位にあったM・ドゥーハン(ホンダ)を抑えての3連覇だった。ただ、コンストラクタータイトルは、ホンダに譲ることとなった。

この年、特筆すべきはヤマハによるGP活性化政策の推進だった。この頃500ccクラスは出場台数の減少が著しく、そのクラスの存続自体が危惧されていたが、ヤマハはGPレースの振興のための活動を進めた。前年の1991年からはYZR500リースを開始していたが、1992年からはヤマハYZR500のエンジンについて欧州コンストラクターへの販売を開始。その結果ヤマハエンジン搭載車のグリッド占有率は、66%(日本GPの例)に及び、同クラスの参加選手数も回復、レース活性化に貢献。ヤマハエンジンを搭載し、各国、各コンストラクターのマシン作りの思想が反映された500ccマシンは、GPレースをより興味深いものとした。最終的にこの年のポイントを獲得できた28選手のうち17選手がヤマハエンジンでの活躍で、ヤマハはチャンピオン獲得という照準だけでなく、レース振興を図る姿勢を示した。

レイニーの開幕は順調な滑り出しではなかった。開幕戦日本GPでは2周目に転倒リタイア。第2戦オーストラリア、第3戦マレーシア、第4戦スペインまでは、いずれもドゥーハンと競り合いながらも2位に留まり、ドゥーハンの開幕4連勝を許した。第5戦イタリアではトップ走行中12周目に転倒リタイア。第6戦ヨーロッパでようやく今季初の優勝を飾った。さらに第7戦ドイツでは予選中に転倒し手を痛めレース中盤リタイア。第8戦オランダは不参加となったが、このときポイントリーダーのドゥーハンも予選中に転倒して右足を骨折し、ともにレースに出場できなかった。 レイニーはカムバックした第9戦ハンガリーで5位。第10戦フランスでシーズン2勝目、第11戦イギリス2で位、そして8週間ぶりにドゥーハンが参加した第12戦ブラジルでは3勝目を飾り、ドゥーハンとの差を2ポイントにし最終戦南アフリカを迎えたのだった。

この最終戦、レイニーが3周目までトップだったが4周目にコシンスキーが首位にたち以後独走して優勝。一方のレイニーは、W・ガードナーに続き3位、この日6位に留まったドゥーハンを逆転し3年連続タイトルを手中にした。チームメイトのコシンスキーは、優勝1回、2位2回、3位2回でランキング3位となった。

PAGE TOP

250cc

ドイツのシュミットがランキング7位

J・シュミットは、欧州のヤマハカップ出身ライダーで、この年はミツイドイツからTZ250Mを駆り参戦。フランスGPで4位に入る活躍を見せるが、全13戦のうち3戦はノーポイントに終わりランキング7位でシリーズを終えた。

PAGE TOP

The Riders & The Machine
Cate.RiderMachine
500cc Wayne Rainey YZR500(0WE0)
500cc John Kocinski YZR500(0WE0)
500cc Juan Garriga YZR500(0WE0)
250cc Jochen Schmid TZ250M
Ranking
  • 500cc
Pos.Cate.RiderConstructorPoint
1 500cc W. Rainey Yamaha 140
2 500cc M. Doohan Honda 136
3 500cc J. Kocinski Yamaha 102
4 500cc K. Schwants Suzuki 99
5 500cc D. Chandler Suzuki 94
6 500cc W. Gardner Honda 78
7 500cc J. Garriga Yamaha 61
Constructors Ranking
  • 500cc
Pos.ConstructorPoint
1 Honda 216
2 Yamaha 195
3 Suzuki 127
4 Cagiva 79
5 ROC Yamaha 22
6 Harris Yamaha 9
ページ
先頭へ