ヤマハ発動機の技と術

技術は常に人々とともにあります。

人々の願いや発想、希望を重ねることで、
技術は新たな技術を創出し、製品を生み、
価値観を創造します。

1955年に誕生した125㏄エンジンを原点に、
様々な技術を研磨するなかで
特にエンジン技術、電子制御技術、車体・艇体技術の
3つのコア技術を軸に、
私たちは事業と製品、そしてお客様を
拡げてきました。

人々の願いを叶え、その期待をも超えてゆく――。
ヤマハ発動機の[技と術]。

Seeds of Creation

やまももの木:
ヤマハ発動機の本社工場には樹齢50年を越す1本のやまももの木があります。第1号製品「YA-1」が誕生した創業の地(現在の浜北工場)にも、当時から数本のやまももの木が並び、今もその枝を伸ばし続けています。例年、無数の花を咲かせ、実りを迎えるやまももの木は、「技と術」を磨き続けてきたエンジニア達の奮闘のすべてを見守ってくれています。

やまももの木は知っている ヤマハ発動機創立時代のうらばなし いつの日も遠くヤマハ発動機 開拓時代のうらばなし
人機官能

ヤマハ独自の開発思想
人機一体感の中に生まれる悦びや興奮、快感を
技術的に定量化して官能性能として織り込むこと。

エンジン

ベルサイユ宮殿の噴水に水を汲み上げる労力を軽減したい。そこにエンジンの必要性を感じたのは、土星の輪の発見者であるC・ホイエンス氏だと言われています。その着想は後に世界中の技術者たちに引き継がれ、やがて19世紀になって今日のエンジンの基本形が誕生しました。
ヤマハにとっての最初のエンジンは、その第1号製品である「YA-1」に搭載した2ストローク125㏄。以来、半世紀以上にわたって研究を重ね、レースで競い、人々の暮らしに寄り添うことで、性能や品質を高め、その用途を拡げています。

独自の進化を続ける2ストローク ヤマハ発動機の初号機 YA-1 (1955) YA-1 先進の排気ガス低減技術  YPVS (1983) YPVS 時代を拓いた世界初の技術 HPDI (1999) HPDI
新たな地平を拓く4ストローク 限界を破った設計思想 GENESIS (1985) GENESIS リニアリティを追い求める Crossplane (2009) Crossplane 原理・原則を突き詰める Blue Core (2014) Blue Core
夢と憧れの存在 スポーツカーエンジン 世界記録を打ち立てた Toyota 2000GT DOHC (1967) DOHC スポーツセダン Ford Taurus SHO (1988) SHO 究極のスーパーカー レクサスLFA V10 (2010) V10 - Lexus LFA
画像を拡大表示
スキップ

STORY

電子制御

人間の感性に訴えるモノ創り。それはヤマハが最も大切にしていることの一つです。制御技術は目覚ましいスピードで進化・発展し、電磁誘導によるゴルフカーの自動走行、二輪車のクルーズコントロール、産業用無人ヘリコプターや電動車いすにも先進の制御技術が盛り込まれています。しかし大切なのは、やはり人の感覚、人のきもち。操作に違和感のない最適な制御の追求は、人の感性にもっと近づくためにヤマハは制御技術を磨いています。

画像を拡大表示

STORY

車体・艇体

ヤマハ発動機の主な製品は二輪車や船といった陸上や水上で活躍する乗りものです。エンジンや電気モーターが生み出したパワーは、優れた車体や艇体との組み合わせによって初めて、人が意図するままに動き、使いこなすことができるようになります。ヤマハは常に、軽量素材の加工・応用技術の開発、人の感性による評価、その技術的な定量化などに取り組みながら、エンジン技術・電子制御技術との組合せによって、人機一体感を生み出すモノ創りに取り組んでいます。

画像を拡大表示

STORY

技術の広がり