本文へ進みます

1966年 YDS-3C

展示コレクションの情報

(1966年/市販車)

YDS-3C

アメリカのオフロードバイク人気に注目し、高性能スポーツモデルYDS-3をベースに開発された海外市場向けのスクランブラーモデル。オートルーブ機構を備えた2ストローク・並列2気筒エンジンは、優れたパワーと高い信頼性、耐久性が特長。悪路走行に対応するため、障害物との干渉を避けるサイドアップマフラーやエンジンガードなどを装備し、“Big Bear Scrambler”と呼ばれた。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,005mm × 780mm × 1,050mm
  • 車両重量: 159kg
  • エンジン型式: 空冷, 2ストローク, 並列2気筒, 246cm³
  • 最高出力: 21.2kW(28.8PS)/ 8,000r/min
  • 最大トルク: 24.5N・m(2.5kgf・m)/ 7,500r/min

※海外向けモデル

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ