本文へ進みます

1981年 XJ400D

展示コレクションの情報

(1981年/市販車)

XJ400D

400ccクラスでヤマハ初となる4ストローク・DOHC・4気筒エンジンを搭載して前年に発売されたXJ400の発展モデル。ヤマハらしくスリム・コンパクトさが特徴のエンジンにYICS(ヤマハ・インダクション・コントロール・システム)を採用し、最高出力45PSと20%以上の省燃費性能を実現。さらに低中速トルクの向上、エア・コイルスプリング併用フロントフォークとアジャスタブル・リアダンパー、4本マフラーなどの採用により、スタイリングに磨きをかけ、優れた走行性能を向上させた。

  • 全長 × 全幅 × 全高: 2,060mm × 760mm × 1,130mm
  • 車両重量: 180kg
  • エンジン型式: 空冷, 4ストローク, DOHC, 2バルブ, 並列4気筒, 398cm³
  • 最高出力: 33.1kw(45.0PS)/ 10,000r/min
  • 最大トルク: 34.3N・m(3.5kgf・m)/ 8,000r/min
  • 販売価格(当時): ¥452,000

※各モデルの説明や諸元で表記している数値などはすべて販売当時のものです。

ページ
先頭へ