本文へ進みます

2003年

ヤマハが2003年に参戦したレースのアーカイブをご覧いただけます。

  • SEASON
  • RIDERS
  • MACHINES
  • ARCHIVE
  • 1960-1969
  • 1970-1979
  • 1980-1989
  • 1990-1999
  • 2000-2010

2003年YZR-M1、6台投入するも未勝利

#4 A・バロスは怪我の影響でフランスGPの3位がこの年の最高成績となった
#4 A・バロスは怪我の影響でフランスGPの3位がこの年の最高成績となった

MotoGP

バロスがフランスGPで3位

#7 C・チェカはヤマハ勢最上位のランキング7位
#7 C・チェカはヤマハ勢最上位のランキング7位

4ストロークと2ストローク混走年を経て、2003年は出場車両の大半が4ストロークとなり事実上のMotoGP元年となった。ヤマハはこの年4ストロークのYZR-M1のみを投入。C・チェカ、M・メランドリ、A・バロス、O・ジャック、中野真矢、阿部典史(スポット)の6名が参戦。バロスは怪我に悩まされ第4戦フランスGPの3位が最高成績でランキング9位に終わる。チェカはランキング7位、中野は10位。YZR-M1ライダーはこの年、未勝利に終った。

YZR-M1を駆りこの年唯一表彰台を獲得したのがバロスだった。開幕戦で転倒負傷し出鼻をくじかれ、その後も怪我に悩まされ万全の体調で臨めたレースは殆どなかったが、第4戦フランスGPでは雨でレースが中断される難しい状況下で3位を獲得。そのほか5位2回、6位2回などを得るが、結局実力を発揮でないままシーズンを終えた。

チェカは開幕戦9位、第2戦10位に留まり、3戦・4戦はマシントラブルや転倒でノーポイント。中盤に入った第6戦カタロニアではコンマ5秒差で表彰台を逃し4位、雨のオランダでも4位。そして第10戦チェコでもシーズン3度目の4位を獲得した。しかし3レースでのノーポイントが響きランキング7位で終った。
中野は第5戦、第6戦と連続で5位となり、これがシーズン最高成績となった。その他7位2回、8位3回など着実にポイントを獲得。ノーポイントは最終戦の1回だけで、ヤマハ選手としては最も安定した戦いぶりで、終わってみればバロスと同ポイント数を稼いだ。チームメイトのジャックは4位を最高に5位1回、6位1回などでランキング12位。転倒リタイアや負傷欠場が影響した。

前年の250ccチャンピオンでこの年からヤマハに加わったメランドリは、前半怪我での欠場や、慣れないマシンに苦労しノーポイントが続いたが、後半は安定感を増し上位争いに加わる健闘を見せた。第13戦パシフィックGPではシーズン最高の5位に入ると、勢いにのって第15戦オーストラリアではトップにたってレースを牽引、結局転倒に終るが次への期待が集まった。なお阿部はスポット参戦の5レースでポイントを得てランキング16位だった

PAGE TOP

The Riders & The Machine
Cate.RiderMachine
MotoGP Carlos Checa YZR-M1(0WN3)
MotoGP Marco Melandri YZR-M1(0WN3)
MotoGP Alex Barros YZR-M1(0WN3)
MotoGP Olivier Jacque YZR-M1(0WN3)
MotoGP 中野真矢 YZR-M1(0WN3)
Ranking
  • MotoGP
Pos.Cate.RiderConstructorPoint
1 MotoGP V. Rossi Honda 357
2 MotoGP S. Gibernau Honda 277
3 MotoGP M. Biaggi Honda 228
4 MotoGP L. Capirossi Ducati 117
5 MotoGP N. Hayden Honda 130
6 MotoGP T. Bayliss Ducati 128
7 MotoGP C. Checa Yamaha 123
9 MotoGP A. Barros Yamaha 101
10 MotoGP 中野真矢 Yamaha 101
12 MotoGP O. Jacque Yamaha 71
15 MotoGP M. Melandri Yamaha 45
16 MotoGP 阿部典史 Yamaha 31
Constructors Ranking
  • MotoGP
Pos.ConstructorPoint
1 Honda 395
2 Ducati 225
3 Yamaha 175
4 Aprilia 81
5 Suzuki 43
6 ProtonKR 38
ページ
先頭へ