本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2008年 YAMAHAレースリリース
MotoGP世界選手権 第17戦 オーストラリアGP 決勝結果
ホルヘ・ロレンソ選手、世界チャンピオン決定!
2012年10月29日

 10月28日に開催された第17戦オーストラリアGPで「ヤマハ・ファクトリー・レーシング」のホルヘ・ロレンソ選手が2位を獲得し自身2度目のMotoGP世界チャンピオンを決めました。ロレンソ選手にとって2010年以来の2回目。ヤマハにとってロードレース世界最高峰でのライダータイトルは16回目となります。

 今年のロレンソ選手は、開幕戦カタールで優勝を飾ると第2戦スペインで2 位となり順調な滑り出しを見せました。そして序盤は、第4戦フランス、第5戦カタルニア、第6戦イギリスと3連勝でランキングトップを快走します。ところが第7戦アッセンでは後続車に追突されるアクシデントでノーポイントに終わり、ストーナー選手(ホンダ)と同点となりシリーズ戦は振り出しに戻りました。続く第8戦ドイツでは2位を獲得してランキングトップに返り咲き、その後第9戦イタリア・第13戦サンマリノで優勝、他の大会でも2位でフィニッシュしランキングのリードを守りながら、第17戦を迎えます。このオーストラリアでは地元のストーナー選手に優勝を譲り2位となりましたが、23点差で追い上げていたランキング2位のペドロサ選手(ホンダ)が転倒ノーポイントとなり、ロレンソ選手のチャンピオンが決まりました。


image image

J・ロレンソ選手談(2位:2012年MotoGP世界チャンピオン):
 「最高だね!とっても嬉しいよ。まさかダニがミスをして転倒し、こんなに早く僕のチャンピオンが決まるなんて思いもしなかったよ。ダニの離脱後もケイシーについて行きたかったけれど、今日の彼は強過ぎた。だから無理をせずに、自分のやるべきことをやった。それは、しっかりと最後まで走りきること。結果、こうして2度目の世界タイトルを手にすることができ、何とも言えない素晴らしい気分。チームのみんな、ヤマハ、家族や友人、スポンサー、ファン......僕を支えてくれたすべての人に心から感謝します。今日は信じられないくらいの最高の一日。ここまで非常に根気よく、非常に集中して頑張ってきた。 そしてついに世界タイトルが舞い降りてきたんだ!」


■開催日:2012年10月28日(日)
■開催地:オーストラリア/フィリップアイランド(4.448 km)
■周回数:27周(120.096 km)
■コースコンディション:ドライ■気温:15度 ■路面温度:26度
■PP:C・ストーナー(1分29秒623/Honda) ■FL:C・ストーナー(1分30秒191)


順位 選手 チーム マシン タイム
1 C・ストーナー Repsol Honda Team Honda 41'01.324
2 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing Yamaha 9.223
3 C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 14.57
4 A・ドビツィオーゾ Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 23.303
5 A・バウティスタ San Carlo Honda Gresini Honda 23.432
6 S・ブラドル LCR Honda MotoGP Honda 23.467


ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長 柳 弘之談 :
 「最終戦を待たずして今回のオーストラリアGPで2012年ワールドチャンピンを決めたホルヘ・ロレンソ選手に、祝福の言葉をおくりたいと思います。そして彼の走りとチームを支えて頂いたファン、スポンサー、関係者皆様に心から御礼を申し上げます。
 今回のチャンピオン獲得はロレンソ選手にとって2度目のMotoGPチャンピオンということと、またそれ以上の価値があります。今季は新生1000cc初のシーズンで、各選手・チームにとって、新たなチャレンジでした。その環境の中でタイトルを獲得できたことは、ライダー、マシン、そしてチームマネージメントの総合力を発揮したものだと思います。ライダーとしてさらに進化し着実に成長したロレンソ選手をヤマハの一員として誇りに思うと同時に、来るべき2013年シーズンでの、さらなる彼の飛躍を楽しみにしています」



ホルヘ・ロレンソ選手(Jorge Lorenzo) プロフィール
国  籍/ スペイン
生年月日/ 1987年5月4日
所属チーム/ ヤマハ・ファクトリー・レーシング
主な成績
2002年:世界選手権GP125 ランキング 21位
2003年:世界選手権GP125 ランキング 12位
2004年:世界選手権GP125 ランキング 4位
2005年:世界選手権GP250 ランキング 5位
2006年:世界選手権GP250 チャンピオン
2007年:世界選手権GP250 チャンピオン
2008年:世界選手権MotoGP ランキング 4位
2009年:世界選手権MotoGP ランキング 2位
2010年:世界選手権MotoGP チャンピオン
2011年:世界選手権MotoGP ランキング2位
2012年:世界選手権MotoGP チャンピオン


ロレンソ選手2012年の戦績


開催日 大会名 開催地 予選 決勝
4月8日 第1戦 カタール ロサイル 1位 優勝
4月29日 第2戦 スペイン ヘレス 1位 2位
5月6日 第3戦 ポルトガル エストリル 4位 2位
5月20日 第4戦 フランス ルマン 4位 優勝
6月3日 第5戦 カタルニア カタルニア 2位 優勝
6月17日 第6戦 イギリス シルバーストーン 4位 優勝
6月30日 第7戦 オランダ アッセン 3位 リタイア
7月8日 第8戦 ドイツ ザクセンリンク 5位 2位
7月15日 第9戦 イタリア ムジェロ 2位 優勝
7月29日 第10戦 アメリカ ラグナセカ 1位 2位
8月19日 第11戦 インディアナポリス インディアナポリス 2位 2位
8月26日 第12戦 チェコ ブルノ 1位 2位
9月16日 第13戦 サンマリノ ミサノ 2位 優勝
9月30日 第14戦 アラゴン アラゴン 1位 2位
10月14日 第15戦 日本 ツインリンクもてぎ 1位 2位
10月21日 第16戦 マレーシア セパン 1位 2位
10月28日 第17戦 オーストラリア フィリップアイランド 2位 2位

※シリーズ戦は残り1戦。第18戦バレンシア(11月11日)が開催される。


ページ
先頭へ