本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2008年 YAMAHAレースリリース
「ヤマハ・ファクトリー・レーシング」2012年チーム体制を発表 2012年3月23日
image

 「ヤマハ・ファクトリー・レーシング」は2012年シーズンのチーム体制をスペインのへレスサーキットで発表しました。約100社のメディアとMotoGP関係者を招待し、ファクトリーライダーのホルヘ・ロレンソ選手、ベン・スピース選手とともに、ヤマハ・モーター・レーシング、ヤマハ発動機のマネジメントスタッフをはじめ、ファクトリーチームの全スタッフが参加して、ブルーとホワイトを基調にしたニューデザインのファクトリーマシン「YZR-M1」やピットガレージ、ホスピタリティブースの紹介を行いました。

J・ロレンソ選手談:
 「シーズン開幕が近づいて待ちきれない気分だよ。新しいカラーリングも気に入っているし、開発スタッフのハードワークのおかげで戦闘力のあるマシンも用意されているしね。来月の開幕の前に、セパンとはコース特性が違うヘレスでライバルとの合同テストを楽しみにしている。ニューマシンの発表を取材にきているメディアの友人にもたくさん会えたし、彼らが撮ったマシンの写真を見たりしているうちに気持ちがさらに盛り上がってくる感じだね」

B・スピース選手談:
 「レギュレーション変更で1000ccに戻った今年のマシンをかなり気に入っているよ。僕の本来のライディングスタイルによりフィットするマシン特性になっているから乗っているのが楽しい。ニューカラーもかっこいいしね。ここヘレスでのテストは初戦カタールに向けた最後のシェイクダウンになるけれど準備はできている」

L・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシングマネージングダイレクター)談:
 「最初に、私たちのプレスカンファレンスの取材に訪れたメディアの皆さんにありがとうと言いたい。開幕まで残すところわずか2週間半となりました。新レギュレーションのもとで行われるMotoGPクラス2012年シーズンに注目してくれていることが感じられたし、私たちのニューマシン、新たなピットガレージやホスピタリティブースを発表できたことを喜んでいます。今年はほとんどの機材やツールを刷新したので、我々にとっては今日がまさにシーズンのスタートであるように感じています。セパンでの過去2回のテストを順調にこなしてこれたので、ここへレスでのプレシーズン最後のテスト2日間を楽しみにしています。いい結果が得られる自信はあるし、そうなれば後は何の不安もなく、開幕戦へとカタールに向かうだけですからね」


ページ
先頭へ