本文へ進みます

詳細本文

レースに関連する広報発表資料をご覧いただけます。

2004年 YAMAHAレースリリース
S・エバーツ選手&ヤマハYZ450FM
2年連続チャンピオン獲得
世界選手権モトクロス MX1クラス
2004年9月12日

 9月11日(土)、アイルランドで開催された世界選手権モトクロス第15戦MX1クラスで、ヤマハL&MモトクロスチームからYZ450FMで出場したステファン・エバーツ選手が第1ヒートで2位を獲得し、2004年シリーズチャンピオンを決めた。また第2ヒートでは優勝を飾った。

 エバーツ選手の世界タイトルは2003年から開催の最高峰クラス(2003年はMXGP)での2年連続。またエバーツとヤマハにとっては01~02年500ccチャンピオンを含めて4年連続チャンピオン。また過去125ccで1回、250ccで3回、500ccで2回、MXGPで1回タイトルを獲得しているエバーツ選手自身として8度目の世界タイトルとなる。

 2サイクル250ccと4サイクル450ccが混走で争うモトクロス世界最高峰クラス、MX1(初年度03年は「MXGP」)は、04年から2ヒート制となり一層興味深いシリーズとして開始された。エバーツ選手は開幕戦こそ両ヒート5位に留まるが、第2戦での両ヒート優勝を飾ってからは常にシリーズ戦をリード。第15戦までの30ヒート・全レースで上位入賞の活躍だった。

 なお、エバーツ選手は、来る10月31日(日)にスポーツランドSUGO(宮城県)で開催される全日本モトクロス第10戦・日本グランプリへの出場が決まった。


4年連続、通算8度目の世界チャンピオンに輝いた
エバーツ選手(9月11日アイルランドGP)


S.エバーツ選手談話:「第1ヒートは周回遅れに邪魔されてしまった。でもこれはよくある話。L・セギーとB・マッケンジーが僕の前にいてブロックされたような形になってしまい、その間にピションが抜いていったんだ。優勝したかったから、とても悔しい気持ちになったよ。第2ヒートはピションを突き放してトップをキープしようと、最初からハードに攻めていった。終盤に入ってからも好調で、ピションよりいくらか速かったから、これで勝てると確信した。今日ここで8度目のタイトルを決められたことは非常に嬉しい。シーズンは長く、たくさんレースがあるから、チャンスが逃げてしまうこともある。今年の僕もまったく問題がなかったわけではないが、なんとか安定して戦い続けることができ、それがこの結果につながったと思う。チーム、ヤマハ、スポンサー、家族そしてファンの皆さんに感謝している」




ステファン・エバーツ 選手プロフィール

氏  名/ Stefan EVERTS
国  籍/ ベルギー
生年月日/ 1972年11月25日(31歳)
チーム名/ ヤマハL&Mモトクロスチーム
趣  味/ 音楽、ゴルフ、カート、水上スポーツ
レース歴/
1989年: 125cc世界選手権ランキング15位
1990年: 125cc世界選手権ランキング3位
1991年: 125cc世界選手権チャンピオン
1992年: 250cc世界選手権ランキング11位
1993年: 250cc世界選手権ランキング2位
1994年: 250cc世界選手権ランキング2位
1995年: 250cc世界選手権チャンピオン
1996年: 250cc世界選手権チャンピオン
1997年: 250cc世界選手権チャンピオン
1998年: 250cc世界選手権ランキング2位
1999年: 250cc世界選手権ランキング11位(一時怪我で不出場)
2000年: 怪我で不出場
2001年: 500cc世界選手権チャンピオン
2002年: 500cc世界選手権チャンピオン
2003年: MXGP世界選手権チャンピオン
2004年: MX1世界選手権チャンピオン(第15戦で決定)


エバーツ選手、2004年シーズンの成績
開催日 大会名 第1ヒート 第2ヒート 備考
 3/21  第1戦ベルギーGP 5位 5位  
 3/28  第2戦スペインGP 1位 1位 総合優勝
 4/4  第3戦ポルトガルGP 1位 2位  
 4/25  第4戦オランダGP 2位 1位 総合優勝
 5/2  第5戦ドイツGP 3位 2位  
 5/16  第6戦ベネルクスGP 1位 1位 総合優勝
 5/30  第7戦イギリスGP 4位 3位  
 6/6  第8戦フランスGP 1位 1位 総合優勝
 6/13  第9戦イタリアGP 2位 1位 総合優勝
 6/27  第10戦ベルギーGP 6位 1位  
 7/4  第11戦スゥエーデンGP 4位 2位  
 8/1  第12戦チェコGP 2位 2位  
 8/8  第13戦ベルギーGP 1位 3位 総合優勝
 8/29  第14戦ヨーロッパGP 1位 2位  
 9/11  第15戦アイルランドGP 2位 1位 総合優勝
 9/26  第16戦南アフリカGP      


ページ
先頭へ