本文へ進みます

CSRの考え方と基本方針

ヤマハ発動機グループのCSRについての考え方やその基となる理念体系についてご紹介します。

 ヤマハ発動機では創業以来、「社訓」に“企業活動を通じた国家社会への貢献”を謳い、この精神に基づいた従業員一人ひとりの行動を通して社会に貢献することを掲げています。
 そして、「感動創造企業:世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供する」ことを企業目的として、「モノ創り」を通じて多様な価値の創造に努めてきました。また、経営理念においては「顧客の期待を超える価値の創造」、「仕事をする自分に誇りが持てる企業風土の実現」、「社会的責任のグローバルな遂行」というお客さま・従業員・社会に対する経営の基本姿勢を示しており、企業目的と経営理念、さらに実践における行動指針の3点をもってヤマハ発動機グループの企業理念としています。
 ヤマハ発動機グループでは、ステークホルダーへの主な社会的責任をCSR基本方針としてまとめており、企業理念に基づく事業活動を通じて社会の持続可能な発展に貢献することが、私たちに期待されているCSR(企業の社会的責任)と考えています。

CSRの考え方

CSR基本方針

 ヤマハ発動機グループは、社会からより信頼される企業として、国内外の法令ならびにその精神を遵守するとともに、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを大切にし、企業理念に基づく事業活動を通じて、社会の持続可能な発展に貢献します。
 取引先においても、この方針の趣旨を支持し、それに基づいて行動することを期待します。

お客さま
  • 安全で高品質かつ革新的な製品とサービスを通じて、世界の人々に新たな感動と豊かな生活を提供します。
  • 製品に関する有益な情報を分かりやすく提供します。
  • お客さまをはじめ事業活動にかかわる人々の個人情報保護の徹底に努めます。
株主・投資家
  • 長期安定的な成長を通じた企業価値の向上をめざします。
  • 事業・財務状況と成果の適時かつ適正な開示を行います。
従業員
  • 均等な雇用機会を提供し、従業員の多様性を認め、差別を行いません。
  • 公正な労働条件を提供し、安全かつ健康的な労働環境を維持・向上するよう努めます。
  • 人権を尊重し、いかなる形であれ児童労働・強制労働は行いません。
  • 従業員と会社が、相互信頼に基づき、誠実な対話と協議を行い、お互いに繁栄するよう努力します。
取引先
  • 調達先や販売店などの取引先を尊重し、相互信頼に基づき、長期的視野にたって相互繁栄の実現に取り組みます。
  • 調達先の決定にあたっては、国籍や規模にかかわらず広く世界に門戸を開き、総合的な評価に基づき判断します。
  • 各国・地域の競争法を遵守し、公正な取引を維持します。
地域・社会
  • 各国の文化・慣習を尊重し、企業市民として社会との調和に努めます。
  • 納税、雇用創出、モビリティ創出などを通じて、健全な地域社会の発展に貢献します。
  • 人材育成、環境保全、交通安全普及など社会貢献活動を推進し、また従業員の自主的な活動を支援します。
  • 行政府諸機関との健全かつ公正な関係を維持します。
地球環境
  • 環境技術の開発を進め、環境と経済が両立した製品の実現をめざします。
  • 限りある資源を大切にし、事業活動による環境負荷の最小化に努めます。
  • 幅広く社会と連携・協力し、環境保全活動に取り組みます。
ページ
先頭へ