本文へ進みます

感染拡大防止に関する実施状況について

2021年5月26日現在

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔み申し上げますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。 また、感染拡大防止にご尽力されている皆さまに心より感謝と敬意を表します。
当社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大にあたり、お客様、お取引先様、従業員とその家族の安全・健康を第一に、感染拡大の防止に向け、テレワークの推進など積極的に対応を進めています。
なお、工場を含む製造現場等で在宅勤務が困難な職場は、感染防止対策を徹底したうえで事業所に出社し、業務を行っています。

1.出勤者数削減に向けた主な取り組み

在宅勤務を導入(2020年4月末~)
在宅勤務が可能な職場は、出社率30%を目標にシフト変更等の対応を実施中
時差出勤を導入(2020年4月末~)
出勤が必要な職場は、時差出勤を利用し、人的接触の削減を実施中
社内および社外との会議は、原則としてWEB会議にて実施
リモートアクセス環境を増強(2020年6月~)
在宅勤務を制度化/在宅勤務手当の新設・通勤手当の見直し(2021年1月~)

2.出勤者数の削減状況

東京事務所 出社率30%以下(2021年5月現在)

3.その他の感染防止対策

感染拡大防止のため、以下の対策も実施しています。
マスク着用、手洗い・消毒の励行、ソーシャルディスタンスの確保、緊急事態宣言発令地域への移動の禁止、毎朝の検温をシステムにて報告、公用携帯電話に新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストール(個人携帯電話にも協力を要請)、執務机および食堂のテーブルに飛沫感染ボードを設置、昼食時間の分散化など
※製造現場等での感染防止対策
工場入門時・建屋入館時の手指消毒、作業場の間仕切り・出入口ドアの開放による常時換気、休憩所の座席間隔表示・窓開放、出社時の健康チェック実施など

ページ
先頭へ