特集プロセス・IT部

プロセス・IT部とは

ヤマハ発動機は、最新デジタル技術やデータの戦略的活用による事業運営のアップデートを全社事業課題の重要テーマとし、デジタルトランスフォーメーション(DX)活動推進と組織体制の拡充を進めています。そのDX活動を支えるITソリューション、ITインフラ、サイバーセキュリティなど、基盤となる領域を確固たるものにするとともに、全製品事業・機能部門と一緒に業務プロセスの改革をグローバルで進めていく部署が、私たちプロセス・IT部です。

TOPICS

ヤマハ発動機株式会社は、経済産業省と東京証券取引所が共同で主催する「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2020」に選定されました。

ヤマハ発動機は「感動創造企業」を企業目的に多彩な製品事業を展開し、それぞれの製品事業においてお客さまの期待を超える価値の提供に取り組んでいます。その中でプロセス・IT部は、「IT、デジタル技術、データの戦略的活用を事業横断かつグローバルに推進することにより成長戦略を加速させる」というミッションを掲げ、全製品事業と共に未来へ向けて成長し続けることを目指しています。

プロセス・IT部は、以下の機能を果たすことに重点を置いて活動しています。

  • 事業の成長戦略実現へ最適なITソリューションを提案・提供する機能
  • 予知型経営への変革を支えるグローバルデータ基盤の構築と業務プロセスのグローバル標準化を推進する機能
  • IT技術革新やクラウド環境の変化にいち早く最適に対応し、戦略的な活用を推進する機能
  • デジタル技術により今後多彩な製品と情報のつながりを広げる中で、サイバーセキュリティを担保し、ガバナンスする機能

プロセス・IT部で働く魅⼒を、5つの視点から紹介します。

魅力1専門性を幅広く発揮し、新たな分野へ拡張できる

プロセス・IT部は、自らの専門性を幅広く発揮しながら新しい領域へも挑戦していきたい方にぴったりな環境です。
当部署は、ITソリューション、ITインフラ、サイバーセキュリティなど、それぞれの専門性はもちろんのこと、ITトータルでプロアクティブに多彩な製品事業へ貢献しています。ご自身の知見を軸にチームで連携して力を発揮し、製品事業のさらなる成長へ貢献することで広がる経験が、あなたの新たなる飛躍へつながると考えています。

魅力2アイデアをどんどん試せる環境

ヤマハ発動機にはアイデアを自由に出せる風土や、そのアイデアを自ら担当者となって推進できる文化があります。お客さまの本当の課題は何か、どうすればお客さまにもっと感動していただけるか、そのために製品事業は何をしようとしているのか、自分とチームがそれに対してできることは何かを考え、どんどん新しいアイデアを試してみる。その結果が製品事業の成長につながり、お客さまへの価値の提供につながったときの感動は、何物にも代え難いものです。

魅力3トータルかつグローバルに取り組める喜び

ヤマハ発動機が扱う多種多様な製品領域において、その上流から下流まで国内だけでなく全世界に広がるヤマハ発動機グループのビジネスモデルの構築や、会社全体を支えるコーポレート業務の改革など、ITを通じてヤマハ発動機の全ての領域に取り組めます。

魅力4風通しがよく、多様性があり、フラットな風土

先輩・後輩の間にも部署の間にも垣根がなく、誰もが自分の意見を率直に言えるフラットな風土がヤマハ発動機には伝統的にあります。失敗を恐れず何事にも挑戦するチャレンジ精神、グローバルマインドと多種多様な部門との関係で培われる柔軟性もあり、この風土が「アイデアをどんどん試せる」「トータルに取り組める」環境の土台になっています。

魅力5連携・協業を通じて成長できる

プロセス・IT部は管下にグループ会社のヤマハモーターソリューション株式会社(拠点:静岡県磐田市、中国、インド)を擁しています。両社が連携してヤマハ発動機のIT戦略を推し進め、併せて人材の交流や教育・育成にも取り組んでいます。
また、自動車業界だけでなくIT業界各社とも幅広く連携・交流を行っていますので、常に刺激を感じながら自身の成長を望めます。

社員にとって働きやすい環境を整えるための制度や、新型コロナウイルスの感染予防・拡大防止に向けた仕組みを取り入れています。

フレックス勤務

自分の生活スタイルに合わせて出勤・退勤時間を調整できる「フレックス勤務」を、プロセス・IT部を含め、多くの部署が採用。社員一人一人のワークライフバランスの充実を、勤務時間の面からも支援しています。

リモートワーク

ヤマハ発動機では、新型コロナウイルス対策として、在宅勤務制度を導入しています。
プロセス・IT部においても多くのメンバーが在宅勤務で業務にあたっており、出社する場合でも出社率が30%を超えないよう、職場の上司や同僚と相談しながら出社日を決めることができます。また、在宅勤務期間中は、通信回線費用・光熱費の業務負担分として「在宅勤務手当」が支給されます。

※在宅勤務の対象期間は、新型コロナウイルスの感染状況によります。

求める人材

ヤマハ発動機には多彩な製品事業があり、未来へ成長していくためには全ての製品事業でIT・デジタルの活用が不可欠となってきています。ITと製品事業の架け橋としてだけではなく、自身の持つ専門性を広く深く活用し、新しい領域や技術に積極的に挑戦して製品事業へ企画・提案していく。またビジネスやIT技術の変革に先んじてIT基盤の構築やリスク対応を進めていくことが、私たちの仕事です。
こうした仕事に前向きに楽しく取り組める方、新しいことに積極的にチャレンジできる方、そして私たちと共に業務を楽しみ、感動を分かち合える方を求めています。

※採用人数が一定に達した場合、選考途中であっても選考を終了させていただきます。

社員インタビュー

プロセス・IT部で働く社員に、働くやりがいと、この仕事に向いている⼈物像について聞きました。

ITの力で直接会社に貢献できる喜び

現在の仕事内容

事業部全体を見渡す視点から提言・助言

ヤマハ発動機には二輪車をはじめ、船外機、ロボティクスなど、多岐にわたる事業があり、それぞれの事業には開発・設計、調達、製造、販売、アフターサービスなどの業務領域があります。私の所属するアプリケーション戦略グループでは、各業務領域をサポートする仕組みを構築するためのアプリケーション企画とITプロジェクトマネジメントを行っています。
その中で私は、当部署の新たな取り組みに携わっています。それは「事業部全体を見渡す視点から提言・助言やプロジェクト企画を行う」というものです。いわば社内のITコンサルタントです。事業部の戦略や中期計画においてITをどう活用するかは今後、ますます重要性が増していきます。各領域だけでなく、事業部全体から見たサポートが求められる傾向が強くなっていることから、新たな取り組みを始めました。

この仕事のやりがい

とても挑戦しがいがあるテーマ

「事業部全体を見渡す視点から提言・助言やプロジェクト企画を行う」という取り組みを実践するには、身に付けるべきことがたくさんあります。事業ごとに異なるビジネスに関する知識を習得し、その一方でITのトレンドについてもアプリケーション系の知識からインフラ系の知識まで、幅広く把握しておく必要があります。さらに事業部の目指す戦略に則ったITのロードマップを描くためのスキルも求められます。
それぞれハードルは高いですが、だからこそ、とても挑戦しがいがあるテーマだと感じています。何より事業部の未来に関わるわけですから、この取り組みが生み出す会社に対する価値はとても大きいものとなります。挑戦を成功させるために努力することが今、日々の充実や達成感につながっています。

この仕事に向いていると思う人

ビジネスそのものに興味のある人

かつてITには裏方というイメージがありましたが、今は経営戦略に直接的に関わる存在になっています。だからまず、ビジネスそのものに興味のある人が合っていると思います。事業部からの依頼にITで応えるだけではなく、主体的にITの視点から事業部や会社に貢献していくことが私たちの仕事です。要は「攻めのIT」ですね。自分たちで考え、行動し、変えていく――そんな醍醐味を味わいたい人にぴったりだと思います。
また、グローバルなフィールドで活躍したい、という人にもお薦めです。海外拠点の案件も数多くあり、ナショナルスタッフとのやりとりも仕事の面白みの一つとなっています。

検討中の皆さまへのメッセージ

事業部との距離が近いから面白い

私たちは社内にあるIT部門なので事業部との距離が近く、「攻めのIT」を実践しやすい環境です。さらに部署として今、各事業部との関わりをより強くしていく方向を打ち出しています。各事業部からの要望を聞き、それに単に応えるだけではなく、どうすれば会社や事業の全体最適になるかを考え、提案していく――こうした取り組みを通じて、ITの力で直接会社に貢献できるチャンスは、今後、ますます大きくなっていきます。ヤマハ発動機の未来に貢献するやりがいを、ぜひ一緒に追求しましょう!

システムアーキテクト / ITプロジェクトマネジメント

求人詳細を見る

求められるのは、未来を見据え、全体を見渡す力

現在の仕事内容

クラウドサービスを安全に利用してもらうために

私が所属するプロセス・IT部のIT技術戦略グループでは、ITインフラの方針策定や企画、プロジェクト管理を行っています。その中で私はクラウドを担当しており、特に「クラウドサービスの利用推進」と「クラウド環境に関するセキュリティの支援・評価」の2つを重点的なテーマとしています。
具体的には、クラウドサービスを導入するメリットの周知や、より利用しやすくするための運用ルール改善に取り組むとともに、安全に利用してもらうための啓発活動、各種クラウドサービスのセキュリティ評価などを行っています。
ヤマハ発動機の各部門においてクラウドサービスの利用が活発になりつつある中、安全でかつ利便性を損なわない利用環境の提供を目指しています。

この仕事のやりがい

取り組みがとても広い範囲に影響する

ITインフラの業務を担う部署なので、大規模な案件に携わる機会がよくあります。例えばヤマハ発動機グループ全体のITインフラ、ネットワークに対する案件など、自分たちの取り組みがとても広い範囲に影響することに、責任とともにやりがいを感じています。
また、ITインフラの方針策定や企画は、決まった正解のない問題に挑む仕事とも言えます。現状を分析し、将来を予測し、何をすべきか考え、提案し、実行していく。その一連のスキルが鍛えられる仕事だと実感しています。

この仕事に向いていると思う人

プロジェクト管理のスキルが非常に重要

私たちはプロジェクト全体を管理する役割を担い、多くのステークホルダーと関わります。ユーザー部門、アプリケーション開発部門、グループ会社、外部のベンダー、時には海外拠点のIT部門と関わることもあります。
その中で非常に重要になるのが、プロジェクト管理のスキルです。それぞれに思いや利害関係がある中で、いずれか一つの立場に固執し過ぎることなく適切にコミュニケーションを取り、「全体としてどうすべきか」をしっかりと考え、プロジェクトを前に進めていく力――技術的な経験・知見はもちろん大切ですが、それに加えて、こうした力を磨くことが非常に重要だと思います。

検討中の皆さまへのメッセージ

新しいメンバーの、新しい発想に期待しています

社外で現在活躍されている方のヤマハ発動機への入社を、私たちはとても歓迎すべきことだと考えています。
ITが貢献できる領域やITの利用環境が目まぐるしく変化する中で、プロセス・IT部は「将来を見据えてヤマハ発動機全体のITをどう変えていくべきか」を検討する役割を担っています。その検討に当たっては、これまでのルールに縛られることなく、新しい発想で考えていく必要があると思っています。
ぜひ社外から新しいメンバーに加わってもらい、これまでに培った経験・知見を発揮していただくことで、一緒にヤマハ発動機のITの未来をより良い方向に進めていけたらと考えています。

ITセキュリティマネジメント

求人詳細を見る

気付きや学べることが、とても多い仕事

現在の仕事内容

世界中の拠点のITシステムを統一化

ヤマハ発動機は、二輪車、船外機、電動アシスト自転車、産業用ロボットなど、多彩な事業を展開しています。また、連結売上高のうち約9割を海外売上高が占め、世界に数多くのグループ会社があります。
これまでヤマハ発動機では、各拠点で使う生産システム、物流システム、会計システムなど、さまざまなITシステムを内製してきました。拠点ごとに最適なシステムを作り、導入していたのです。しかし今後、データのさらなる戦略的活用を図っていく上で、この仕組みに変革が求められています。生産、販売といった活動は拠点個別の活動ではなく、拠点間の連携を強化することで、より効果的なものに変えていくことができます。そのためには、各拠点のさまざまなデータをタイムリーかつ統一された基準で活用していける仕組みづくりが必要になります。そこで私たちはSAPを活用し、その仕組みを構築しようとしています。

この仕事のやりがい

各拠点と対話し、一緒に課題解決を目指す

さまざまな国の人とコミュニケーションできることにやりがいを感じています。SAP導入を推進していく活動の中で大きなウェートを占めるのが、各拠点との対話です。新たな取り組みとなるため、当然現行業務とのギャップや反発が生じることも多くあります。そうした課題を現地との会話によって明らかにして、解決策を一緒に考えていきます。時には朝から一日中、ブラジル、アメリカ、ロシア、オランダ、インドネシア、タイなど、それぞれの現地メンバーと順番に打ち合わせをしていく日もあります。それぞれの課題や困り事に触れ、一緒に解決していく中で気付くことや学べることが多く、それがこの仕事の魅力だと感じています。
また、忙しい中でも土日はしっかり休めますし、充実したオフタイムを過ごせる環境です。静岡県は、名古屋、大阪、東京の間にあってどこへ行くのも便利ですし、海や山も近くにあります。私は休日は車でどこかに出かけるのが好きです。

この仕事に向いていると思う人

困難に直面してもあきらめない、粘り強さ

この仕事に求められるのは、コミュニケーション能力と推進力だと思います。
コミュニケーション能力とは、対話を通じて相手の課題を引き出し、理解する力と、それに対する解決策を一緒に導き出していく力です。そして推進力とは、時に困難な状況が訪れても、譲ってはいけないところは強い信念を持ち、他者を説得してプロジェクトを前に進める力です。
その両方を備え、一緒にこの大きなプロジェクトにがんばって取り組んでいただける方には、ぜひチームに加わってほしいと思います。

検討中の皆さまへのメッセージ

一人でも多くの方に加わってほしい

いろいろな国の人、いろいろな分野の人と一緒に課題解決に取り組んでいくので、気付きや学べることが、とても多い仕事です。相手の思いを受け止めながらSAPを導入していくのは大変ですが、それ以上の面白さや達成感を味わうことができ、成長の機会もたくさんあります。一人でも多くの方に私たちの仲間として加わっていただけたらと思っています。

SAP導入プロジェクトマネジメント

求人詳細を見る

採用フロー

応募 求⼈詳細を⾒るから職種詳細ページをご覧いただき応募フォームからご応募ください。
書類選考メールにて結果をご連絡させていただきます。
1次面接・適性検査面接・適性検査はWEB上で行います。
※詳細は書類選考通過時にご案内致します。
最終面接面接はWEB上で行います。
※詳細は1次選考通過時にご案内致します。
内定