National Technician Grand Prix Contest Report 2016

MALAYSIA CONTEST REPORT 2016

  • COMPETITION OUTLINE

    HLYM(マレーシア)は、2016年8月2日・3日にマレーシアNTGPを開催いたしました。マレーシアの各地から、選りすぐられた13名の認定整備士(内2名は、マレーシアの東部からの参加)が、マレーシア1の座を争う熱戦を繰り広げました。優勝されたTan Chor Sian選手は、ペナンにあるKahr Motor Sdn, Bhd.,という販売店で働く整備士です。彼は、筆記試験と計測試験では最高得点を獲得するなど、卓越した技術を持ち合わせる整備士です。HLYM(マレーシア)は、彼のWTGP2016での輝かしい成績を願っています。

CONTEST EVENT

大会は、HLYM(マレーシア)のYTAセンターで行われました。
競技は(1)筆記試験、(2)測定、(3)お客様対応、(4)故障診断の4つの分野で構成されました。

  • 筆記試験:40分
    筆記試験では、技術的な問題がかされます。
  • 測定競技:50分
    測定競技は、5つの部品を測定する競技です。
  • お客様対応競技:10分
    実際のオペレーションを想定した競技で、競技者がどのようにお客様と接するかを審査する競技です。
  • 定期点検/故障診断競技:50分
    競技者は、2つのカテゴリー(YDTを用いた故障診断、基礎整備)について競技を行います。

NTGP WINNER AND WTGP PARTICIPANTS

PROFILE

氏名: Tan Chor Sian
ディーラー: Kahr Motor
ヤマハでの職務経験: 8年間

  • 同僚との一枚
  • 趣味の写真
  • ディーラーの写真
  • 家族との一枚
WTGPに挑戦しようと思った動機は?
WTGP2016に参加できることに感謝をすると共に、この機会を通して、私自身の知識や技術をより成長させたいという想い、全世界からやってくる各国の整備士の皆さんから多くのことを吸収し、そこで得た知識や経験を販売店の同僚に共有したいという想いがあります。
ナショナル大会で優勝するため、どんな努力を行いましたか?
ヤマハ製品の全てを学び、理解する為に、先輩や同僚から協力と共に惜しみない努力をしてきました。また、YDTを使いこなす練習もしてきました。これらの取り組みが、NTGPで優勝できた要因であると思っています。
顧客の期待を上回るため、あなたの店舗が行っている活動やサービスがあれば教えてください。
ヤマハ製品を販売する上で、最高品質のサービスを提供する為に、「お客様からの言葉」は必要不可欠なものです。お客様の期待を越えるために迅速で効率の良いサービスを提供する努力もしています。
仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか?
私自身が持つプロとしての確かな技術を使い、お客様に不便を与えることなく、お客様から頂くお褒めの言葉やお客様が満足して頂いていると感じる時です。?
ヤマハのどんな所が好きですか(例:ヤマハ製品やスタッフなど)?
ヤマハの製品が持つエンジンの品位や力強く、独創的なカラーリング。近代性を感じると共に、お客様をひきつけるそんなヤマハの製品が好きです。
今後、仕事でどんなことに挑戦したいですか? または、何に情熱を傾けますか?
アフターセールスサービスとして、お客さんと1対1と親身に接し、私たちのサービスを通してお客様に全ての事を満足して頂く、そんなチームを作り上げたい。それが私の今後の挑戦です。?
2016年WTGPに向けた意気込みを教えてください。
私のWTGPに挑む意気込みは、私自身の持っている知識とプロとしての技術を発揮し、記録を塗り変えたい。WTGP2016で入賞することを目指して。?